top of page

【作曲技法】モードを意識したメロディ作り



鼻歌メロディ以外のアプローチ!



歌物、インストにおいて重要になってくる

メロディの作り方!



一番やりやすいメロディの作り方は


  • 鼻歌で歌うやすいメロディを考える

  • 得意な楽器を弾いて考える



などがありますね



しかし!

もうちょっと違ったメロが欲しい!



という人のために



今回はもうちょっと音楽的

メロディの作り方について解説したいと思います!



 



モードを使ってみて!



モードを説明すると長くなってしまうのですが・・・

(過去に記事作ったから見て欲しい😂)



すご〜くザックリとした説明をしますと


スケールの音の並び方で

ニュアンスを出すみたいな手法


(下手くそか😇)



例えば キー=Cの時に


Ⅵmに当たる「A」の音を基準にして

そのままスケールを弾いてくと


ナチュラルマイナーの音になって

暗い、重たいような雰囲気が醸し出される



みたいなやつですね



結構ロックのリフだとかに用いられる手法で


コード進行とは異なった

音を使った表現の仕方の一つです!



 

まあ超シンプルなことなのですが


このモードによる音の響き

メロディにも積極的に取り入れてみようという試み!



大抵の場合は


  • メジャースケール

  • ナイマースケール


この2つを使うことが多いと思いますが



  1. Aメロ =ドリアンスケール

  2. Bメロ =リディアンスケール

  3. サビ =アイオニアンスケール


あくまでこれは大袈裟な例ですが

こんな具合に各パート毎でモードを変えてみる!


アイオニアンスケールは実質メジャースケールと同じなので

サビでメジャースケールで綺麗にまとめる感じ。。



特に実用的で無難な手法では

Aメロのみドリアンスケールを使う


みたいなのが多いですね



これだけでもメロディの雰囲気が

グッと変わってきて面白いですよ!



 

実のところ元々このモードというのは

クラシックから使われていた手法


詳細は忘れてしまいましたが


どっかの民謡ではドリアンスケールが

よく使われていたとか・・・



後にコードの概念が主体のジャズなどにも取り入れられ

近年の音楽へと繋がっていくのですね



まあ、実のところ結構昔から使われてたよってことですね😅


とはいえ、近代的なポップスに慣れていると

この感覚が身についていないことも多いので


これを機に試してみてはいかがでしょうか!?





閲覧数:6回
bottom of page