top of page

Metal、残虐なサウンドには思い切りも必要!!






極端な設定を恐れない!



 


ここ最近のメタルなどは

もっと洗練された音作りをするのですが


(Kemperとか)



元々Metal系は


かなり極端な音作りを

していた経緯があります!



わかりやすい例として

この動画をご覧いただくとわかりやすいかと!





所謂”チェーンソーサウンド”と呼ばれた



このBOSS HM-2のつまみを

全てMAXにした使い方!



非常にわかりやすいですねw


わざと崩壊している方な音を

意図的に作ることで音を完成させていました



もう少し補足すると


アンプの歪みとは異なった独特の

MIDのハリなども重要だったのかと



この崩壊している感じは

FUZZにも通じるかもしれませんね!





Metal Zoneも似たような使われ方をしてました





どちらも今の技術で整えられた音と比べると

結構危うい音!



むしろ”ダメ”と言われるケースが多い部類ですね



しかし!



このくらいの思い切りがなければ

表現できないことがある



そんな需要があってか

BOSS HM-2は再販を望まれていたのだとか






こういう風な独特な”崩壊したような音”って

高性能なアンシミュとかでは再現できませんからね!



もしもMetal系の曲を作ってる方は

実機のペダルを活用してみては!?





Commentaires


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page