top of page

音楽理論覚えた手の人は⚪︎⚪︎をやりがち






理論に振り回される時期



作曲をするにあたって

音楽理論を覚えるのは効率的!



音楽理論ってロジカルなことというよりは


様々な人がやってきた音楽の技法や

手法、歴史を解説したもの



大変心強いのですが・・・



覚えた手の頃は理論に振り回される



という現象が起こりがちです



そんなわけで今回は


音楽理論覚えた手の人がやってしまいがちな

初歩的な勘違いについて解説しますよ!



作曲に興味ある人は見てみてね!


 




ズバリこれ!!⇧



。。勿体ぶらず言いますと



なんでもかんでも7thコードを使いたがる




もっと言えば


必要ないテンションとかを

無理に入れがちといったところでしょうか


(7thはテンションではないんですけどね)



所謂


⚪︎maj7 ⚪︎m7 ⚪︎7



みたいに音をトライアドで4つ以上積み上げるコードを

ジャンル問わずぶっ込む



7thの音というのはやや不安定な響きを持っているため

そこがお洒落に聞こえるということなのですが



そのせいでオシャレというよりも

重たいというか広がりがない和音になります



そこに気付かず7thを多用してしまう方は多いですねー!


 

確かに7thの音というのはオシャレな響きがあり

アンサンブルを彩ってはくれますが



ジャンルによっては不要であったり

敢えてコードで引く必要がない場合があります







例えばモダンなロック要素のある曲とか

ノリの良い曲だとか



勢いや爽快感を出したい曲であんまり使うと

こういったストレートさが薄れてしまいます



ジャンルによっては積極的にコードで弾く音を減らすことで

その分空いたスペースを活用する


みたいなことも多いです



 

何故7thをぶっ込みたがるのか?




理由は人それぞれだとは思いますが。。



①理論を勉強していく中で

 キレイに音を積んでいくことばかり意識するから



②音楽理論はリズムには対応していないから



主にこの2つが理由かと思います!


 


私自身理論を勉強しましたが


自分では思いつかないようなハーモニーを勉強したり

どうやったら良い和音になるかを主に学びます



特にポップス系の音楽理論は

ジャズ理論と密接しているため


7thコードが絶対的に良いもの!

みたいな意識になったりします



その感覚のまま他のジャンルに手を出してしまう

これが1つの要因かと思います



 

そしてもう一つが



リズムの勉強ができていない



音楽理論ってハーモニーについては

たくさん紹介しているのですが


リズムの運用や扱い方については

ほとんど触れることはありません


そのため


作曲=ハーモニー


という認識を持った人が多いです



この認識に囚われていなければ



必ずしも7thコードは必要ではないし

テンションコードを弾かなくても良い



とわかってきます



 

というわけで


必要以上にコードに色々音を足してしまう人は

(ジャズ以外で)


割と理論に振り回されている確率が高いです!!



思い切ってコードをシンプルにするのも

立派な作曲技法ですよ!!




Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page