メロディを作る時の注意点・ちょっとしたコツ




曲を作る上で最も重要になってくるのが



メロディの創作!



特に歌物の曲では一番気を使いたいところです



今回はそんな


歌物のメロディを作る時のコツ、注意点について

書いていきたいと思います!



 

  1. ブレスを忘れない

  2. 音域に注意する



とりあえずこの2点は守ること!



せっかくいい感じに楽曲を作っても

上手く歌えるメロディでなければ意味がありません



人が歌うからこそ得られるメリットデメリット



これらをしっかり意識してメロディを作りましょう!



 

①ブレスを忘れない




  • これは楽器が演奏できる人

  • 楽器でメロディを考える人



に、見られる傾向ですが



ブレスをする暇がないくらい

メロディが詰め込まれている



というのをよく見かけます



人が歌う場合は息を使わない楽器のように

連続して声を出し続けることは不可能なため



目安として2小節〜3小節に入るくらい



このくらいの間隔に一度は

ブレスをするための休符を作りましょう!



休符を入れてもカッコよく聴こえるメロディを

意識して作りましょう



 

②音域に注意する





男性と女性では

それぞれ発声可能な音域が異なります



勿論個人差もありますけどね😉



例えば


女性ボーカルなのに

女性では発声できないような低音域がある



男性ボーカルなのに

ひたすら高い音が連続している




みたいなメロディを作ってしまうと

歌唱が困難になってしまいます



勿論、ある特定の方なら歌唱可能でしょうが...


取りあえず一般的な男性、女性の

音域内でメロディを作ることが重要です!




参考資料:http://www.music-key.com/explain/


 

男性


  • 基本的に低音まで発声可能

  • 全体的に発声できる音域が広め



目安の音域:mid1 A,B~hi A



男性の場合は最低音は割と余裕がありますが

高音域が連続しない様注意!


頑張ればhi Aくらいまで出せますが


余裕を持ってhi Gくらいを最高音域

この音付近があまり続かないようにする



と丁度良いです


更に発声がちゃんとできている人は

女性を凌駕する高音域まで出せる人もいますけどね😂


 

女性


  • 男性と比べて音域が狭め

  • 一定の高音が出しやすい

  • 程よいキーを探してあげる必要がある



目安の音域:mid1 F~hi D


以外と知られていませんが


男性と比べて女性の方が音域が狭いです



高音域は、発声の仕方である程度出せますが

低い音には限界があります



勿論特殊な発声を使えば低い声は出せますが

音楽的によいかどうかは別という...



一応最低音はmid1 Fくらいまで出せる方は多いですが



余裕をもってmid1Gもしくはmidi2 Aまで


高音域はhi Cくらいまで



このくらいの範囲内で納めておくと

ストレスなく歌えることが多いです



男性同様、あまり無理な音を連続させると

かなりきつそうな声で歌うことになるので注意です!




コツとしては


  1. まずあまり音程の幅が広くならない様メロディを作る

  2. 丁度よいキーに設定する


という手順を踏むのがおすすめ!



 

カッコ良いメロディを意識することは大切ですが



前提として、カッコよく歌えるメロディであること




これを意識するだけでもメロディの質は上がります



ボーカリストによって得意とされる音域は異なりますので

事前に聞いておくことも有効ですね!



余裕をもって歌えているだけで

そのメロディがよく聴こえる



是非これを意識してみて下さい!😉✨




閲覧数:0回