top of page

人間はノイズが好き?



ノイズ=ダメな音?



音楽をやっていると必ずと言ってもいいほど

ず~っと付き合っていかなければならないもの



ノイズ!!



定義はかなり広いですが

その文化は結構広かったりします



音楽の発展はノイズの発展とも言えるのでは?

と個人的には考えています



時代によってノイズの定義も変わりますし

扱いも変わります



勿論現代的なノイズの扱われ方もあります!


今回は音楽における”ノイズ”について

考えてみたいと思います



 



楽器におけるノイズ




楽器の場合は

音程にならない音=ノイズ見なされることが多いです


そして面白いのは


割と昔から意図的にこのノイズを利用した

楽器や使われ方がされていたということ!



例えば我々日本人にとってはなじみ深い



三味線



三味線なんかも”さわり”と呼ばれるノイズを

敢えて出して音に加えることで音を成立させています



実は三味線のバチの使い方がベースのスラップと

ほとんど同じだそうなので


結構昔からベースのスラップ奏法の概念は

生まれていたのかもしれません



 

また、むか~しの琵琶法師が行っていた”語り引き”なんかも


音程を出すために楽器を使うというより

リズムをとるためにノイズを出す


というような概念でやっていたという説もあります



まあ、これは打楽器的な使われ方だったのだと思いますが


敢えて音程楽器である弦楽器を

ノイズを利用して打楽器的に使うという感覚



こういった現代にも通じる感覚が

既にあったことは興味深いですね



 


エレキギターはノイズの塊!!



しかし、それがいい!!



アンプがぶっ壊れて生まれたノイズを歪みと呼んで

エレキギターの音の基盤とし


意図的にノイズを加えることで

その後の多くのジャンルを築いてきました



ギターを実際にやってるとわかるのですが


ロックの歴史=歪みの歴史



極端な話、歪の質で

大方のロックのジャンルが判別できる



と言っても過言ではなかったりします



過激なジャンルになるほど

より過激な歪を求めていったように


よりぶっ壊れた音(ノイズ)を

人は求めていたのでしょうか?



 


ロック系に使われるオルガンも

やはり同様に歪みが加わっています


まあ、ギターほど過激な歪ではないですが

ギター基準だとクランチくらい





近代的なシンセサイザーでは

歪みを加えることは勿論


意図的にホワイトノイズなどを加えて

質感を整えるといったこともしてますね



 


グロウル、ボーカルフライ



日本語でいう所のだみ声とかデスボイスとかとか・・・


  • グロウル、スクリーム系の発声方法

  • 喉ベースといった発声方法



これらも総じて通常の声帯以外の所を振動させて

意図的にノイズを声に混ぜる方法です



このノイズの成分が最大限の状態を

日本で言うデスボイスという発声になってたりします





ちなみにデスボイスや喉ベースにも細かく種類がありますが


やってることは基本的に同じで

振動させている部分を微妙に変えているという仕組み


そうすることによって

ノイズの成分の質を変えて声を作っています



ロック系のジャンルならこのノイズの量を少なくして

元の声を極力残す


より過激なジャンルになるほどノイズの量を増やす


ダウンチューニングにより重低音を意識した演奏に対抗するため

より低いノイズを加えていく



実はボーカルのノイズ事情も

こんな感じで進化していった経緯があります



ちなみに大御所の声優さんや

プロの声優さんもこの技術を使ってます


(山寺宏一さんとかわかりやすい)



 

ミキシングとか録音ではノイズ(クリッピング系)は

良くないことというのが基本ですが



実はノイズをどう扱うかが

音楽の発展に大きく繋がっているというのが私の見解



海外のミキシングでは


意図的にコンプで楽曲を押しつぶして

わざと音を歪ませまくってる曲もありますからね



ノイズ=悪い物


という認識を変えてみると

面白いかもですよ!!




bottom of page