音楽理論・ジャズ理論 〜リハーモナイズを会得しよう!〜




楽器の特性を踏まえた上でハーモニーを再構成



どうも! 霧切酢です!!


今回は音楽理論の中でも応用編



リハーモナイズについて!



編曲の上でも重要度の高いことですので

しっかりと覚えておきましょう!


#音楽理論 #編曲 #リハーモナイズ


 

リハーモナイズとは?




その名の通り


ハーモニーを再構成すること!



編曲作業において頻繁に使われます



特に


ジャズ系の楽曲でかなり重要度が高く、使用頻度の高い技法です



リハーモナイズを習得することによって


  • ハーモニーの響きに変化を加えたり

  • 各楽器ごとの特性に合わせたハーモニーに組みなおすことが出来ます



多数の楽器を使った楽曲を制作するときに

特に力を発揮しますね!


 

具体的なやり方



最も一般的なリハーモナイズは


コードの音の並び替え



一番わからいやすい例で言いますと


ド ミ ソ」のようなトライアドのコード

オープンコードにして広がりを加える!



ギターのコードブックに載っているコードフォームは

既にリハーモナイズされた形とも言えますね




その他にも、楽曲を作っていく中で


コードの一番上の音(トップノート)と

メロディの音がぶつかってしまう



こういった時にコードの並び替えを行うことにより

コードとメロディの響きを整えることが出来ます



 

楽器の特性に合わせたハーモニーの再構成



これはジャズなどのテンションが多く

複雑なコードを演奏するときに必須のスキル!



例えばギターの場合ですと



一度に押さえられる音の数に制限があるうえ

コードによっては演奏がほぼ不可能な和音もあります



そういった時にリハーモナイズを行うことにより



演奏が困難なコードを演奏可能にしたり

コードの響きを整えることが出来ます


 

テンションコードのリハーモナイズ



リハーモナイズのコツは

必要のない音はオミット(演奏しない)こと!



リハーモナイズ、オミット場合はある程度基準があります


例えば・・・



ルート(ベースがある場合) ⇒ 9th


5度 ⇒ 13th(6度) , 11#th



といった具合に


基本的にルート5度の音を演奏しない

もしくはテンションに置き換える



これを覚えておきましょー!!



一度に弾く音数を減らすことによって



ギターなど一度に押さえられる音数に制限がある楽器でも

しっかりコード感を保った演奏が出来ます



ただし、ルートを省略する場合はベースの音がないと

コード感が良く分からなくなってしまいます


あえてそういった音を使用するのもありですが



ルートを省略する時はベースパートが他にいる”


ここに注意して使いましょう!



 

まとめ


・リハーモナイズとは、和音やコードを再編成すること!

・音数をある程度制限して、様々な楽器、編成に対応させる

・リハーモナイズのコツはルート、5度をオミットする!


いかがだったでしょうか?


今回はざっくりとご説明しましたが



ビッグバンド系のジャズ、複数の楽器を使用した楽曲



こういった曲を作る時に必須のスキルです!


勿論、ポップスにも応用できる技術ですので

少々時間がかかっても習得しておきたいところです!!



是非、自分の楽曲にとりいれてみましょー!😉👍



閲覧数:4回