top of page

MXR distortion + は狙った音作りが難しい!






シンプルなのに難解!!



Distortionペダルの元祖であり

エフェクター初期の歪み



MXR Distortion +!!



未だなお人気のあるペダルでもありますが

それと同じくらい



扱いが難しいペダル



とにかく狙った音

作るのが難しいことでも有名。。



取り敢えず買った直ぐアンプに繋いでも

紹介動画などで聴ける音にはならないです




↑こういう音




元々歪みの量が少ないこともありますが

原音の影響を受けやすい


そして



元々ペダルの音量

かなり低い





ペダルのボリュームを12時にした時より

エフェクトOFFの方が音量がデカイくらい



詳しい回路については分かりませんが

Over Driveに近い作りが関係しているそうです


普通のOver Driveよりも

圧倒的に音量は小さいですね(笑



Over Driveと似た構造のためか


音量の小ささ=歪み方



に直結している部分もある感じがしました



そのおかげもあって

独特のクランチトーンが作れるのですが!





そんなわけでランディ・ローズ然り

多彩な歪みトーンを作るためには



このペダルをサポートするための

別のエフェクターが必要!



勿論アンプ側のボリュームを上げたり

アンプで歪みを足してもいいのですが


アンプに入る前段階

底上げした方がいい感じにまとまります



個人的に色々と試してみて


distortion +の前にcompで底上げする





後にEQ、クリーンブースターを使う




こんな感じに段階的に音圧を上げていけば

ムチっとした歪みが作れました!



後はdistoriton +の前に

tube boosterを使うのも良かったですよ!





要するにOver Driveと同じ容量

歪みの質を作っていく



こういったシステムが揃っていて

初めて真価が発揮されるペダル!



そういった一癖あるところも含めて

とても面白いエフェクターですよ!!




Commentaires


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page