徹底検証! oz design/TTBの音の変化を弾き比べてみました!!



前回の記事ではデモ演奏を用意できませんでしたが


今回はしっかりデモ音源をご用意!!



oz design/TTBでどのくらい音が変わるのかを

徹底検証していきます



  1. エレキギター&Kemper(×4)

  2. ベース&Kemper

  3. ベースライン直

  4. アコギライン直



大きく分けてこの4種類の音源をそれぞれ用意しました!


因みにKemperのRigは

全て無料Rigを使用しています



~使用機材一覧~




 

エレキギター編




ギター・クリーントーン



使用Rig "76 SUNN Model T Vol 2"




・oz design使用












・Kemperのみ












 

ギター・クランチ



使用Rig "Friedman Runt 50 Crunch 2"




・oz design使用













・Kemperのみ












 

ギター・ハイゲイン



使用Rig ”TH - Edvaha 150 III M 6"




・oz design使用













・Kemperのみ












 

ギター・リード



使用Rig "A6 NF12 S - EVH5150III - HG Rtm1"




・oz design使用













・Kemperのみ












 

エレキベース編



ベース&Kemper



使用Rig "Markbass LM250BL"




・oz design使用












・Kemperのみ












 

ベース・ライン直



・oz design使用












・ライン直












 

アコギ編



アコギ・ライン直




・oz design使用













・ライン直












 

いかがだったでしょうか?



取りあえず思いつく限り弾き比べをしてみましたが



全体的に耳に痛い高音域がまろやかになって

音の厚みを感じさせる中音域がグッと出ています



かなり実機のアンプに迫る音になりましたよ!✨




特に高音域になるほど

音の安定感が増していて、バランスの良い音になっています




特にKemperと相性がいいように設計されているようですが


ベース、アコギのライン直の音にも

なかなか効果的であることも分かりました



特に、Kemperでライン直の音も同時に録音するなら



  1. Rigの音色

  2. ライン直


2つ同時に音質を上げられるので便利です



私のように自宅でギター、ベースの録音をするなら

ライン入力でここまでの音が出せるのは夢のよう...



いや~もう手放せないです😭