ペンタトニックの活用法



簡単かつ初歩的なスケール、ペンタトニックスケール



さまざまなジャンルで使えるこのスケールの

応用的な使い方をご紹介します!


#ペンタトニックスケール


 

ペンタトニックスケールのおさらい!



ペンタ=5つ


ペンタトニックスケール=5つの音で構成されたスケール



これが

ペンタトニックスケールの基本!


通常のドレミファソラシから2つ音を省いたスケールです



特に基本となるのが


リーディングトーンと呼ばれる

「ファ」 「シ」 を省いたスケールが一番使用されています



今回はこの基本的なスケールをもとに

応用的な使い方をご紹介しますよ!


 

ブルージーな音を加える!



プレイするメジャーのキーの音を

マイナーにしたペンタトニックを弾く



所謂ブルーノートと呼ばれるスケールになります!



例を挙げますと


Cメジャーのキーに対して

Cマイナーのペンタトニックを弾く



これを同主調と呼びます



このCマイナーに含まれる


「シ♭ 「ミ♭」 「ラ♭」


の音がブルージーさを生み出す

ブルーノートになります



ブルースの要素を持った曲に組み込むと

一気にブルージーさを出せます!


 

リディアン風ペンタトニック



属調のキーのペンタトニックを弾く




属調とはなんぞや?」


と思った方もいらっしゃるかと思いますので

簡単にご説明しますね



属調とは楽譜の調合で「#」を1つ付けた調合のこと



例えばキーCの属調



キーG


がと言うようになります



つまり


キーCの曲なら

キーGのペンタトニックを弾くことで



リディアンのようなニュアンスを出すことができます



なぜこれだけでリディアンの雰囲気が出せるのか?

スケールを比べてみましょう!



キーCのペンタトニック=レミソラ

キーGのペンタトニック=レミソラ



ド→シと言うように変化していますね



本来ならペンタトニックで使われない


不安定な響きを持つ「シ」の音を加えることで

リディアンに近い響きを出すことができます


(実際のリディアンは「ファ」に「#」が付きます)


 

オンコードを利用した未来的な響き



ルートの1音上のコード+1音上のペンタトニック




これは少々特殊なアプローチ!

作曲技法の一種です



例を挙げてみますと



D/Cのコードに対して

メジャーDのペンタトニックを演奏する



こうすることにより


maj#11thと言うコードになり

未来的な響きになります



まあ、つまるところ


リディアンの美味しいところを抜き出した曲調にできるよ!

って感じです😉



結構フュージョン系のロックとかで

使用されていたりします



 

いかがだったでしょうか?



ペンタトニックスケールを取り敢えず覚えて仕舞えば


後は応用で様々な響きを簡単に演出できます!



「小難しいスケールを覚えるのが苦手!」

と言う方は


ぜひ試してみてくださいね!!😉👍



閲覧数:0回