Recの重要性~経験値について考える~



どうも!這い上がり系作曲家の霧切酢です!

今回はRecの重要性を経験値という視点から考えてみます


時代が変わってきたいまだからこそ

進化してきた現代の練習方などをみていきましょー!😁


物事は経験値の量で決まる



皆さまは経験値について考えたことはありますか?



ゲームとかだと結構耳にしたことがある言葉だと思いますが

しっかりと理解している方は実は少ないのではないでしょうか


経験というものはゲームなどとは違い



必要な鍛錬を適切に行い高めていくこと

経験値は分野ごとに細分化されていて、それぞれに対して行うこと



ただ闇雲に何かをしていれば経験値が貯まるということは

現実ではないんですね


昔のRPGなどではとにかく弱い敵でも大量に倒せば

レベルが上がり、強くなることが出来ます


しかし現実ではこういったことは起こらず

”弱い敵を倒す”事の経験値が溜まるだけです


例えば10年くらいコンビニのレジ打ちをしていて

何かレジ打ち以外の技術などのレベルが上がるでしょうか?


また、経験値というのは複数の分野で適切に貯めて行けば

応用してそれぞれの分野の経験値として割り振ることもできます


一つの分野を極めた人が新しいことに挑戦した時

結果が出やすいと言われるのがこのためだと考えられます


何かの分野で結果を出している人は

必ずここの部分がしっかりしているんですね




1つのジャンルでも複数の分野の経験値がいる





例えば楽器の演奏技術を上げたいとします

すると


  • 音楽的知識

  • 身体を効率よく動かす知識

  • 脳の働きの知識


などなど、複数の事を同時に進めて行かなければ

上達はしません


楽器の演奏技術が上達しない人はこういった中から

1つか2つくらいしか注目していないことが多いです

また、大抵の場合は演奏技術というものは

音楽活動の中で一部分でしかありません


多くの方は作品を作ったり、人前で演奏することが

更なるゴールになるのではないでしょうか?


つまり音楽活動というのは先ほど挙げた例のようなことを


それぞれの分野ごとに適切に高めていく必要があります



有名な言葉で100回の練習より1回のライブ

なんて言葉がありますが


この言葉を


「練習をちまちまするよりドーンとライブをやった方が上達する」



という意味に捉えている方が多いですが


ようは普段から個人練やバンド練習はしているけど

ライブの経験値が足りないということを指しているのです


当然ですがライブの経験値というのは

実際にライブを行わないと貯まりません


必然的に普段の練習の経験値に比べてライブの経験値は

かなり低いため、こういった錯覚を覚えるのかもしれません


また、ライブという実際に収益に関することの経験値を

初めて体感するという点でも刺激があるかと思います


私個人の意見としては

100回の練習と100回のライブが一番上達する近道だと思いますよ😂





機材の発展と音楽水準の向上



さて、すっかり前置きが長くなってしまいましたが

ようするに



今バンドや個人で音楽活動してる人はいっぱいRecしようぜ



てことです


練習とライヴは今も昔もそこまで変わりませんが

今はRecの経験値差で実力に開きが出てくる時代です


結構多いのが、普段からRecの練習もしてきたことがないのに

いきなりRecに挑もうとする人が


本当に多いんです


Recの経験値が0なのに

何故か上手く行ける、みたいな😅


  • 練習で得られる経験値

  • ライブで得られる経験値

  • Recで得られる経験値


これらはそれぞれ別のものとして考えることが

現代の音楽活動には必要となってくるでしょう



Recは今まで気づかなかったミスや荒さに気付けるので

得られる経験値も相応に大きいです



特に今は手軽に自分のパートの楽器や歌が録音出来るので

上達が早い人は本当に早いです


録音のクオリティは上を見ればキリがありませんが

とりあえず始めてみるという点ではハードルは低めです


使える技術は積極的に使って

自分のスキルをドンドンたかめていきましょう!😎





経験値、練習に対する考え方は本当に奥が深いですが

今回はこの辺で!


また別の機会にギターや作曲に関する努力の仕方など

書いていきたいと思います!!


それでは~😉🖐




2回の閲覧0件のコメント