人を騙す人の特徴・騙される人の特徴



人付き合いがあるからこそ



まあ、とは言いませんが

最近よく”騙し、騙された”


みたいなニュースをよく目にします



プライベートな人付き合いから

自分の夢に関係することまで



私自身人に騙されたことは何度もあるし

騙されている人を見かけたことがあります



特に音楽系の詐欺って多いですしね

そこそこの数を見てきましたよ



中には後に尊師になった人まで

見てきました・・・😭



で、そんな具合にある程度

よくない例を見てきたら


なんとなくその傾向

みたいなのが見えてくるんですよね



 



騙される人



まずは被害者の方から


これはとっても分かりやすいですが



自分の事、自分の価値が

自分で決められない人



割と重要な決断ごとも

ついつい他人に任せてしまうような人ですね


後は


基本的に真面目な人



基本的に人は心の中にどこかしら

何かに依存したいという欲求を抱えています



その中でも、特に依存癖のある人は


「どこかに本当の自分の価値を見つけてくれる王子様や

 自分をより良い所に引っ張ってくれる存在がいる」



と密かに願っている事が多いです



そういった弱みに漬け込まれて

後に引けなくなってしまう



というパターンは多いです



 

よくある投資詐欺なんかでも

被害者の方の話を聞いてみると


”よく調べもしないまま勧められた話に乗ってしまった”


”細かいことがわからないまま任せっきりにした”



という話は多いです



それっぽい話を聞いてしまい


「この人なら自分を幸せにしてくれる」

「この人について行けば大丈夫」


こういった気持ちのまま、相手の発言を真に受けて

真面目に相手の言うことを守る、従ってしまう




世の中には思った以上に相手を騙して

お金や時間を奪い取ろうとする人は多い



という現実を知らないできたのかもしれませんね



 


騙す側の人



これは様々なタイプがいますが

大きく分けて2つ特徴がある事が多いです


まず1つ目、一番多そうなのは



とにかく第一印象が良い人

コミュ力が高い人



全ての人がそうだとは言いませんが



第一印象を良くすることで得ができる

相手に取り入れやすくなる



わかっていてやってる人がいます



後は、相手の弱い部分を見つけるのが上手い

とか



ちゃんとした人は


会話や円滑な人間関係のためなど

相手のことを考えた上で第一印象を気にかけますが



自分の損得勘定が主体で

人に接している人も割といます



 

あともう一つは


必要以上に自分の価値を

大袈裟にプロデュースするのが上手い人



嘘ではないものの

事実を2000割り増しくらいで語ったりします



そうすることで自分に価値がある人物だと思い込ませ

相手に依存させやすくします



問題なのは、盛り盛りの話って

少し聞いただけだとあまり気にならないのですが



長く聞いていたり、自信満々で話されていると

謎の接得力が生まれてしまったり


自信がある人だと見えてしまうこと




それをわかっていて

堂々と大きな声で自分の凄さを語る事が多いです


 

なので、たいていの詐欺行為を働く人って



一見優しかったり 気前がよかったり

自信に満ち溢れていて頼り甲斐があったり


人としての魅力に溢れているように見えますが

最終的に自分の利益になるように誘導してます



基本的に自信がなかったり受け身な人にとっては

こうした存在は眩しく映りますので


「ようやく自分を導いてくれる王子様が現れた!」

と、夢見心地になってしまうのです



一言で言ってしまうと



夢を見せるのが上手な人



とも言えるかもしれません



ずっと夢を提供されるから

その夢が魅力的に見えてしまう



悲しいことに騙す側の人は

このことをわかっていてやってますし



ちゃんとした夢は提供したのだから

自分は悪くない



と思っている人も多いと思います



 

こう言った騙し騙される関係というのは

必ずしも悪い方向に行くとは限りません


例え騙されていたとしても

そのことで救われる人もいれば


騙されている間に

何か新しいものに出会えることもあります



しかし

だからこそ騙す人が減らない



どういった人と付き合っていくかは

その人次第ですが


「基本 人は嘘つきである」


ということは肝に銘じておいても

損はないでしょう!