top of page

スピードピッキング(トレモロピッキング)してる時の感覚



見た感じめっちゃしんどそう



先日ちょうどギターレッスンにて


  • フルピッキング

  • トレモロピッキング


のコツについて解説する機会がありまして



案外速いピッキングの動作って

見た目では分かりにくいことが多いな



と再度思い直しました



私も習得する前は動画とか見ても

全く分かりませんでしたよ(汗



こういう系のピッキング⇩




そんなわけで今回は


フルピッキングの時の感覚について

ヒントになりそうなことを書いてみたいと思います!



 

まず、何故動画とかを見てもイマイチ感覚が掴めないのか?

それは細かいフォームの観察が出来ていない事もありますが



力の入れ方といった目に見えない要素があるから



だと個人的には考えています!



基本的に難易度の高い技法って


複数の基礎の練度を高めて

総合的にバランスをとりながら使う



これが条件になっていることがほとんどです


 


で、いきなり答えから書いちゃうんですけど



右手というか右腕全体に割と力を入れて

ピッキングしてます



これは私が使用しているサークルピッキングも同様





指の屈伸を利用しているものの

右腕の他の部分もかなり力を使ってます



どこか1ヶ所に負担を集中するのではなく



腕全体を使って負担を分散させ

腕の体重も利用してピッキングする



こういったことをしているため



見た目的にはしんどそうに見えても


負担が分散しているためあまり疲れなかいし

力を入れてるようにも見える



こんな感じなんですよ!



この感覚が身についている上で

弦を弾く技術も上げていく



これがフルピッキングの感覚であり

上達させるための条件になってます!



というわけでフルピッキング系の

感覚、コツの掴むためのヒントでした〜



 


Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page