top of page

"TONEX MAX"(ソフトウェア版)を使ってみた!!



TONEX PEDALと一緒に貰えるソフトウェア



実機であるTONEX PEDALと併用して使える

高品質なアンシミュ・プラグイン!



TONEX MAX!!



TONEX PEDALとほぼ同じ音質を誇る上


プラグイン特有の後から音をいくらでも調整できる

ミックスに対応しやすい本製品


宅録したいギタリストにはかなりお手頃ですね



先日ペダルの方のサウンドチェックをしたので

今度はこちらをサウンドチェック!↓






いかがでしょう!?


今回も基本的に細かいアンプの設定はしないで

ほぼ素のままの音で演奏してます



私は所謂プラグイン臭さだとか

デジタルすぎる硬さは薄めな印象を受けました



若干ではありますが

プラグインの方が柔らかめな質感を感じます




 

改めて聞き返してみても

ほぼペダルの方と音の傾向は変わりませんね





ペダルの方がアナログなだけあって

外部から受ける影響がより強い印象


プラグインの方が外部の影響が少ない分

音の安定性があり、整っている印象です



より音の均一性を求めたい場合は

TONEX MAXの方が良さそうです



更に収録した後細かく調整が施せるので

ミックスを視野に入れた使い方ができますね



 

あと何と言っても


パッとみて分かりやすい!







この部分は圧倒的にペダルより上!


一目で見てどんなアンプ

どんな音がするアンプかが分かりやすいです



Kemperとかはグラフィックが無いですからねw



ギタリストなら大体どんな音がするのかわかるし

アンプの設定も理解しやすいです



また、今回の動画ではやっていませんが



キャビネットを交換したり

組み合わせ次第で色んな音が出せます



 

使用機材



今回収録に使用した機材はペダル版とほぼ一緒です



ギターはFender telecaster





オーディオインターフェイスは

Universal Audio "apollo solo"




主にこの2点だけ!!

超お手軽な組み合わせですね



今回もバッファーを使用しても良かったのですが



極力外部機器の影響を無くしたかったのと

最低限の機材でどこまでの音質が出せるのか



これを確かめたかったので敢えて使用しませんでした



結果的にこの音質が出せることが分かりましたので



ノートPCを持っていれば

出先でもお手軽にこの音質で収録が可能



ということ!


(一応スマホ版のアプリもあるようです)



TONEX PEDALに限らず

どこでもこの音が使える時代!


 

  • ステージやバンド活動ではペダル

  • 宅録ではプラグイン



このような使い分けでお楽しみあれ!!

Comentarios


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page