top of page

こんなボーカルオーディション審査はまずヤバい



危険なものも潜んでいる



カラオケに始まる歌ってみた動画に至るまで

大抵の人は歌うことが大好き!



歌が大好きで

それを仕事にしてみたい



という人も少なくなく

私も何人か出会ってきました



今となっては


セルフプロデュースである程度のことができてしまうので

どこかにサポートしてもらう必要性も低くなっていますが


今だにどこかの事務所のサポートがあれば

チャンスが広がることは変わりません




しかしながら



割と悪質な事務所とか

個人がお金目当てで網を張ってる


みたいなことも非常に多いです



過去にも記事にしましたが

今回はオーディションの内容の方から


多額のお金を請求される前に

「ちょっとここヤバいかも」



と判断できそうな要素を書いてみたいと思います!



 



怪しい募集要項とは?



まずはそもそもの問題として



怪しい募集 と そうでない募集の違い



これについて考えてみたいと思います!


募集内容は事務所や人によって異なりますので

決められたものはないのですが・・・



基本的に応募者の都合

良いようにできている



これが共通していることだと思います



本来なら事務所側の都合(利益)と

応募者側の都合が合致して初めて


契約が結ばれますからね



明らかに都合が良すぎることが書いてあったり

応募者側の敷居が極端に低い場合は



それ相応の事務所側のメリットがある前提である

と考えておきましょう



 

例えばよくあるのが



テキトーにそこら辺で

アカペラで歌った動画を提出してOK





みたいな審査を実施しているなら

結構な確率で怪しいです


アカペラ自体が悪いことだとは言いません



「どんな歌声なのかよりわかりやすくするため」

という意見もあるかとは思いますが




それは本当の意味でアカペラの能力がある前提



  • 伴奏がなくてもリズムがしっかり刻めている

  • ピッチの正確性が高い


こういった「伴奏がなくても成立する能力」を持っている人が


アカペラを行うのが本来なのですが

多くの単なる歌好きな人は



  • しっかり伴奏に合わせて歌唱できない

  • 相対的に音程を感じ取れていない

  • リズムが甘い



などの理由の免罪符としてアカペラをしている人は多いです




こう言った音楽の基礎ができていない人にとって

伴奏を用意しなくていいというのは


  • 準備の手間が不要

  • 歌の荒が目立たない

  • 簡単な演奏スキルもなくてOK



という点で非常に都合が良い条件となっています



 

でも



編集されたような音源からじゃ

その人の本来の歌唱力がわからないじゃん!!



という意見もあるでしょう





その意見自体は間違いではないのですが



正直ちゃんと音楽のスキルがある人が完成された音源を聴いても


  • 大体どのくらい編集に頼っているか

  • 元々の素質がどんなものか



といったことの予想がついたりします



そもそも近年のアーティストは編集込みであることが多いので

編集込みで実力を見ることもあります



むしろ完成された音源を提出できるということは



レコーディングの知識、経験がある証明になるので

むしろプラスに働くこともあるでしょう



 


音楽以外の所の条件が雑



  • 未経験者OK!

  • 年齢制限が異様に幅広い

  • 顔出しNGでもOK



こんな感じに音楽以外の審査基準が

異様に低すぎる案件



もちろん余程の逸材であったり

既に多くの知名度を持っているのなら話は別ですが



果たしてこんな雑な商品

市場価値を埋めるのか?


一般的に支持されているアーティストは

そんなどこにでもあるような素材なのか?



こうした市場価値としての視点から見ると



「明らかに売れるのもを探している」という名目の

オーディションではないとわかるはずです



「売れるものを探していない」のなら

商品を売ること以外で儲けを考えていると


推測してもいいでしょう



 

まとめ



  1. アカペラ動画で審査OK

  2. 応募者に都合の良すぎる条件全般



こういった募集を見かけたら

基本的に疑ってかかった方がいいでしょう!



勿論大抵の場合はクーリングオフも適用されますが

トラブルは少ない方がいいですからね


警戒心もしっかり持って

音楽活動しましょう!!




Opmerkingen


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page