top of page

ギターが上達してから昔使ってたギター触ると驚くことがある






成長の証?



私がギターを始めてから(ブランク含めて)

15年くらいは経っていると思いますが



昔「これいい!」「弾きやすい!」

と判断して購入した楽器は・・・



今改めて弾くと弾きにくい!!



と感じる個体が多かったです


もちろん弾けないレベルではないんですけどね(汗



 

最もこれは振り返ってみると当たり前の事で



ギター始めたては運指の力も弱いし

フォームを利用した演奏も出来ていませんでした



そのため、ギターに求めている条件が

今とは大きく異なっています



例えば典型的な例として



  • 運指の力が弱い

  • 効率の良い弦の押さえ方が出来ていない



これらのために

R指板のように厚みのあるネックが好みでした



強引に握り込む要領で弦を押さえると

こういったネックの方が弾きやすく感じるんです



昔ながらのヴィンテージ系ギターや

Fender系のギターなどによく見られましたね!




今となっては全く異なる弦の押さえ方をしているので

むしろ厚みのあるネックは邪魔


薄め、細めのネックじゃないと

弾きにくいフレーズも多いです



 

後は程よく

弦のテンションがあるかどうか!



私は手が小さめでショートスケールのギターが

必ず有利に働くと考えていましたが



ショートスケールはネックが短くなった分

弦のテンションが弱くなります




そのため、しっかりとしたピッキングが

難しくなったりピッチもやや不安定になりがちです



改めて「弾きやすいギターとは?」と考えた時

やっぱり昔の感覚は当てになりませんね(笑



やっぱり本当に良い音を出すためには

ギタリスト本人の腕が問われるみたいですね〜





Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page