top of page

beyond tube booster 2s実践動画!YAMAHA THR5に使ってみた!!






先日購入した新機材!


beyond tube booster 2s!!



見てわかる通り

ペダルに真空管が搭載されたエフェクター!



分類的にはブースターとなっていますが

バッファーのような使い方も可能!




↑こういうやつ




クリーンブースターやover driveとはまた異なった

ブースト効果を得られます


使い方はめっちゃ簡単!!



常にかけっぱなしにしておいてもOKです



真空管によって温かみのある音になり

奥行きのある音へと変化!



今回の検証動画では

YAMAHA THR5に使ってみました



 

実際に使ったことがある人は

音の傾向がわかると思いますが



THR5は結構硬いと言うか

キンキンした音がしがち



少々デジタルくささがあるとも言えますね



THR5の中身の赤い光はあくまで

真空管っぽい演出をしているだけなので


真空管非搭載のコンボアンプ


tube booster 2sに

打ってつけのアンプと言えましょう!





 




テストで撮ってみた感じでは

このような音の変化になりました!


ちなみに録音に使用したマイクは先日購入した

WARM AUDIO WA-47Fを使用!



特にパームミュート(ブリッジミュート)をする時の

”ズンズン”とした成分が気持ちいいです



kemperだと音色によってはOFFの時でも

良い場合があったりしますけど



チューブアンプを思いっきり意識して

モデリングしたアンプはかけっぱなしでOKかも



と感じました!!



 

そもそもの話、ミックスとかしてたらわかりますけど


録音した後のモデリング系の音って

割とプラグインとかで質感を変えることも多いです



所謂Tape simとかでアナログな質感や

真空管もっぽさを加えるので


案外モデリング系の音って

そのままでは良くない傾向が見受けられます






真空管のモデリングが難しいなら

真空管を別途つけてしまえ!!


という、ある意味宅録事情が増えてきたからこその

ペダルとも言えますね



ステージだけでなく

その後のミキシングも見据えた機材




こんな小型機材だけで

ちょっとしたスタジオ気分が味わえる



大変素晴らしい機材でした!

Kommentare


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page