top of page

Dream '65 Reverb Ampとの相性抜群!?IRデータを加えて質感を整えてみた!!



Dream '65 にマイクの質感を!



先日購入した

フェンダーアンプを再現できるペダル



Universal Audio "Dream '65 Reverb Amp"



こちらを試奏していましたが




スピーカーから出る音は申し分ないものの

ライン直だと少し硬く感じる



というレビューで締めました!



良くも悪くもマイクの質感がないため

現場で威力を発揮しやすいペダルって感じでした


いくつかそのままライン録音しましたが



聴いた感じ


  • ギターの音が耳に近い

  • ラインの質感が残っている



といった音が特徴でしたね




もちろん設定によっては

後付けでキャビをつけることも可能ですが



せっかくなのでペダルの質感を残したまま

マイクの質感を足してみることに



 


IRデータを加える!!



というわけで今回使用したのが

こちらのプラグイン




aIR Impulse Rack





Audio Assaultからリリースされている

プラグイン式のIRデータエフェクトです



以前別記事にて紹介しましたが

内蔵されているエフェクトが優秀



基本的なEQとかではなく

結構質感を操作できるのが魅力的です



有名どころの"mixIR3"と比べて

値段も安くておすすめ!



mixIR3・・・約 7,670円
aIR Impulse Rack・・・約 1,820円


今回はこのaIR Impulse Rackを

以前ライン録音したデータに使ってみました!




 

このプラグインは購入時点で


  • いくつかのIRデータ

  • 複数のエフェクト


が手に入るので

結構音作りの幅が広い方なのですが



取り敢えず私の方で簡単に

プラグインの設定をして音作りしてみました



 

・DEMO No.1





こちらが検証データその1!



プラグインのセッテイングはこんな感じにしてみました




IRデータは元から入っている

"Sharp 412"



それに


  • "Focus"

  • "Phase Delay"


こっらのエフェクトを加えました



元のシャープな質感を残しつつ

マイク録音っぽい感じを出してみました



 

・DEMO No.2





こちらは"Fat German 212"というデータを使いました

それ以外のエフェクトの設定は同一です



"Sharp 412"に比べると名前の通り

少しふくよかな感じ



元のフェンダーっぽさから少しハズレはしますが

これはこれでアリかと!




両方とも元のデータと比べると


  • ギターの音が耳に近い感覚

  • ライン録音っぽさ



これらが軽減されて

ミキシング的にもいい感じにまとまってますね






 


実は先日とある楽曲にDream '65を使用を試みたのですが


やっぱり他の打ち込みやトラックとの

混ざり具合が良くなく浮いて聴こえました



そんなわけで今回はそういった対処法を考えてみました!


確か無料でも手に入るIRプラグインもあるので

まずはそれから試してみてもいいかもですね



Dream '65を宅録に使うことを検討している方は

是非一度試してみてください!!





Komentarze


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page