top of page

作業用のヘッドホンは音質も大事だけど・・・




スピーカーが使えない時のお供



楽曲制作するのなら

スピーカーから音を聞いた方がいい!


特にミキシング作業は

スピーカーでないとわからないことも多いです




しかしながら


音楽やってる人は夜型の人も多く

スピーカーで作業というのも難しいもの


それ専用に防音設備を整えられるのなら

話は変わってきますけどね



そんなわけで人によっては

録音やノイズチェックのみにとどまらず



最初から最後までスピーカーを使わず

ヘッドホンだけで制作作業を完了させる



こんな人もいらっしゃるかと思います



 


そういった生活環境や予算の都合で

よりヘッドホンを慎重に選びたい方は多いはず



ヘッドホンの音質についてどれがいいかなどは

あえて今回は書きませんが


個人的に結構気にするのが



ヘッドホンの重量




ここも必ずチェックしておきたいです



 

ミキシングはともかくとして



録音は必ずヘッドホン

もしくはイヤホンを使用します





で、個人的に録音に集中するときは

極力ヘッドホンの存在は気にしたくありません



特にギターの場合手元をみたりするので

頭が下を向くこともあるので


ヘッドホンの重量がそこそこあると

割と首とかに負担がかかりやすくなります



また、頭を結構動かす録音作業なら

思いヘッドホンは邪魔に感じやすいです



勿論完全に打ち込み主体の場合は

問題になりませんけどね!


 




ミキシング作業は頭を動かすことはありませんが


長時間作業となることも多いので

割と首がキツくなってきます



で、首とか肩に負担がかかってくると


集中力だとか作業効率も低下しますし

作業の品質にも影響がでたりします


(個人的な感覚です)



 

正直なところヘッドホンの音質に関しましては


一定の金額を超えると好みの要素も入ってきますし

結局何かしら音の傾向というのは存在します



しかし、物理的な問題は割と

どうしようもなかったりするので面倒です



長くヘッドホンを使用する見通しがある人は

こういったことも検討してみてもいかがでしょうか?






Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page