top of page

Fender "American Ultra Telecaster"のネックはかなりモダン仕様





Fenderは進化する!



去年購入してからと言うもの

ほぼほぼ録音のメインとなっている



American Ultra Telecaster!!




私はこちらのMaple指板Cobra Blueを選びました!



以前までメインを張っていたストラトから

久々のFenderギターの購入となりましたが



かなりモダンな演奏を意識した作り!



特にネック側の丁寧な処理が

個人的に気に入ってます!



しかも


モダンさを意識しつつも

王道なFenderトーンも健在!!




サンプル動画でも音が聞けますが

本当に優秀なギター!


私も自前の機材に使っていますが

まんまこの音が出せます





とまあ、こんな音質を保っているのに

ギターの弾きやすさはかなり向上してます



で、話を戻して

私が気に入っているネックについてですが



かなり薄型にしつつ

スベスベで手触りが最高!!



何も私の好みというわけでなく


このスベスベの手触りが

運指の自由度に重要!!



昔のギターはブルーズが主流だったので

手の位置を固定するボックスポジションが基本


そのためネックにも滑り止め用の

塗料が塗られているの基本でした




もちろんそれ目的のみで塗料を

塗ってたわけではないと思いますがw



しかしながら現代的なフレーズを弾く上で


ボックスポジションのみで

フレーズを完結することはないです



指板を上から下まで満遍なく移動するのが

現代的なフレーズ!



それに対応するにはこの

スベスベネックが必要なんですね





ギターにもよりますけど

ここまでスベスベなネックは珍しい!



今の所私が所有しているギターの中で

一番の滑りの良さを誇ってます



それに加えてハイポジションが弾きやすよう

加工も加えられています


私の持ってるストラトも

50周年記念かつモダンな作りですが



それとは一線を画す弾きやすさですね!






こうなってくると更に上のグレードの

ストラトも欲しくなってしまいます(笑

Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page