top of page

フレットラップを6弦ギター、4弦ベースにつけると・・・?

更新日:6月30日



多弦ギター、テクニカルプレイのお供



余分な弦の振動を抑えてくれる便利アイテム


フレットラップ!!



主に弦の振動が強い

多弦ギター、ベースに使用されるケースが多いです



また、上の写真のように指板上につけることで

両手タッピングの補助としても使えます



このように多弦ギターや

テクニカルな演奏に向いたフレットラップですが



単純に普通の6弦ギター、4弦ベースに付けることも

割と意味があります



 

モダンなギターの条件





結論から言いますと

通常の6弦ギターや4弦ベースにフレットラップをつけると



モダン風な音質に寄せることができます



例えばヴィンテージ寄りの音質の楽器なら

もう少しスッキリとした現代的な音に近づきます



そう考えるとコスパがめっちゃいいですね!



意外とヴィンテージ寄りのギターとも

相性がいいのがフレットラップ





 

ではそもそも「モダンなギター、ベースの音とは?」


というところから見ていきますと



音の立ち上がりが早く

スッキリとした質感が特徴



より音の輪郭がハッキリとした感じですね



こういった音質を実現させる要因の1つとして



ネック側への振動を極力無くすこと



現代的なギター、ベースの音の観点で言えば

ネック側の振動はない方が良いという考えです




 


つまり、モダンなギターとは...



ヘッド側の無駄な振動も抑えられるので

フレットラップをつけた音に近い質感があったりします



ヘッドレスギター、ベースも

こういった観点からも採用されているのだと思います!




DTMも発達してきて



より綺麗かつ無駄な音を省いていく傾向の強い昨今!



愛用のギター、ベースを使いつつ

モダンな音が欲しい場合は・・・



フレットラップをつけることで

ある程度対応可能です!!



是非お試しあれ!!



 


閲覧数:8回

きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page