top of page

ゴジラ-1.0のラストシーンの意味





伏線?



ヒット作の映画が出れば必ずやってくる


様々な考察



例に漏れず本作の「ゴジラ-1.0」にも

色々と考察系動画が出ているようですね


特に


  • ラストシーンの痣

  • ゴジラの目的


などが考察対象にあがりがちのようです



で、ちゃんと考察動画を見たわけでは無いのですが


「ちょっとそれは違うんじゃ?」と

思った点もあったのでまとめてみました!


(一応ある程度内容を伏せながら書きます)


 

とある人物の痣




一番上がる話題がこれですかね


ネタバレになるので詳細は省きますが

とある人物と主人公が病院で出会うのですが



その人物の痣が動く



という描写がありました


この不可思議な現象が注目され

「重要な伏線では?」という意見が出ています



私が見かけた説では


「痣の持ち主はゴジラ細胞感染していて

 それが同じくゴジラ細胞を持つ主人公と共鳴した」


「後にゴジラ(もしくは怪物)に変貌する」



といった説です



まあ流石にそれは無いかと(笑



もちろん可能性は否定しませんけど

そこまでオカルトな話でもなかったので・・・


シン・ゴジラなら群衆化する伏線があったので

そういった可能性はありえますけどね



-1.0ゴジラは再生能力はありましたけど

あくまで1個体のみの活動


分裂とかの能力や異常な進化などは

描写されてませんので


 

で、私の見解としては


被爆者の暗喩



ストレートにこれでいいのでは無いかと思います


そもそも痣って色んなことが原因で出来るので


  • 打撲だったり

  • 火傷だったり

  • 湿疹だったり


色んな可能性があります


病院に運ばれた経緯から

上記の何かしらは受けていると考えられますから



そういった通常の怪我ではないと

視覚的にわかりやすく表現しただけでは無いかと



痣の持ち主はゴジラの熱線の影響で

運び込まれることとなりました



そしてその熱線を受けた場所は

放射能で溢れていたと言われているので


おそらく放射能の影響を強く受けてしまった



そしてその影響は現在も進行中

今後後遺症が残ることを暗示しているのでは無いかと



過去の清算をしてこれからの道標は見出したけれど

その代償は大きく残っている


まさに0からのスタートではなく

「-1.0」からのスタートというわけですね



現実でも核の脅威や爪痕は残っているので

それと向き合っていかなければならない


という意味もあるのかもしれません



 


もう一つ、今回のゴジラの目的ですけど



単純に怒りとかで

そこまで深い意味はないのではと


(テキトーですんませんw)


神の怒りに触れたみたいな(笑



今回のゴジラの役目


  • 戦争や核が残した負の遺産

  • 人類に試練を与える


といった神様的な役割であるので

そこまで設定を考えていたかどうか・・・


あえてゴジラに明確な意思を

持たせなかったのかもしれません



神様は恩恵も破壊もどちらももたらすものって

立ち位置だった気もしますね



この映画は良くも悪くもゴジラによって



日本は本当の意味で立ち直るキッカケを

神殺しという過程を経て恩恵を受けていますが


同時に膨大な犠牲や痛みを受けました



ここら辺の理不尽さが神様っぽいですね


 


シン・ゴジラも同様に「神」と呼ばれていましたが

あちらは種族的なものを指した表現のように感じます


現存する生物の頂点であり

新たな生命体=神



みたいな



描写的にも随所に生物らしさを細かく描いていたので

あくまで生物の頂点的な神って印象でした


更に言えば人間の意志が強く反映されていましたので

明確な憎悪も感じられました




 


対して「-1.0」ゴジラは核の申し子であると同時に

神族的な立ち位置に近い気がします



細かい理屈やロジックは抜きに

こういう超常的な存在



みたいな(笑


私たちが普段認識している

神や仏に近い感じでしょうか



シン・ゴジラとの真逆がコンセプトなら

神としての表現もまた異なっているでしょう



 

そんなわけで


言うほどそこまで深い伏線とかは

用意してないんじゃね?と思いました



割とストレートにみた方が楽しいのかもですね!




Comentários


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page