top of page

ギター、ベースにコンプを使って弾いていると下手になる論は正しいのか?



コンプは甘え?




エレキギターの醍醐味といえば


ペダルエフェクトを使って

自分好みの音を作り上げる事ができる事!



歪みペダルや空間系ノイズゲート

ボリュームペダルなどはポピュラーですが


コンプはあまり使うべきではない



なんて意見をたまに耳にします




というのも、コンプの特性が

音の音量差を揃えてくれるので



ある意味ハイゲイントーンに近い感じになるので

自分のプレイの粗を隠してくれるから



こんな風に言われ待てますね!



 


ピッキングニュアンスの感覚が

弱くなってしまうのか?




コンプレッサーはその特性から

音量差を少なくしてくれるため


  • ギターのピッキングニュアンスが養われにくい

  • 演奏力が向上しにくい



などの問題点が挙げられていました


実際私も録音後の処理を除いて

リミッター代わりに使ったことが数回ある程度


ガッツリちゃんとしたコンプをかけた状態で

演奏したことってそんななかったんです




で、先日ちゃんとしたコンプをかけて

ギターを弾いてみたのですが


むしろ積極的にコンプは

使った方がいいかも



と感じました!


 




実のところギターやベースといった弦楽器は



ピッキングニュアンスでピッチや

音の明瞭さ、トーンが変わってくる



という性質を持っていることにあります



どうしても弾き方によって

音量が小さくなってしまうこともありますし


無理に強く弾いてしまって

ピッチが悪くなってしまうことも多いです




そのため


ある程度ピッキングの力関係なく

音量が揃っていた方が音楽的に良い



そういった場面は多いです



ライブやCDなどの音源で必ずといっていいほど

コンプが使われている現状を考えると



コンプで音を揃えるというのが

音楽的に求められている音である


と判断できます



 

もう一つの理由としまして



キレイにコンプがかかった音を

体に覚えておくため



先程説明しました通り


  1. コンプで整えられた音というのは

  2. 音楽的に求められている音



その求められている音がどんな音か

良い状態でかかったコンプの音



こういったことを理解した上で演奏する

この感覚を養った方がいいです



コンプに限らず音楽をやっていく上で

音を覚えて識別する力は大切



こういった経験値を蓄えるために

積極的に使った方がいいと感じました



ある意味歪みや他のエフェクトのように

上手なかかり方を覚えた方が良さそうです!



 



さらにもう少し突っ込んだことを言えば



グルーヴやノリについて言えば

音量差はさほど大切ではありません



むしろある程度音量差がない方が

グルーヴ、ノリは表現しやすいです


音量差に頼らず抑揚をつけれる

演奏力を身につけるという意味でも


コンプは有効な機材だと思います!!


ぜひご参考に!!




きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page