ギターのシールド(ケーブル)の良さが分かるには道のりが長い~お勧めのケーブルとか~




もはやオカルトの域に達しているのではないかとすら思える



ギターのシールド効果!



ギター本体やアンプと言った

分かりやすく音質に影響がある要素に対して



本当に変化あんのか?



と疑いたくなる代物!



「消耗品なんだから、耐久性が高ければOK!」


という方も少なくないでしょう

(というか以前まで私もそうでした)




 




結論から言えばあります!



しかし、色々な意見を聞いてみると

「特に変化がない」


と感じる人の気持ちもわかるのです🤨



その効果が分かりにくいのには


「こういったことが原因では?」



と個人的に思ったことがあります!



 


1.シールド毎に音の傾向が違う


2.高価なシールドになると解像度が増す





主にこの2つ!


順番に見ていきましょう😄



 

1.シールド毎に音の傾向が違う



この場合の傾向と言うのは


”製品によって出やすい帯域が異なる”

という点です



これは2,000円~3,000円くらいの

一般的な価格帯の製品にもみられる要素で



音質自体に優劣はほとんどなく

高音が強かったり中音が強かったり



みたいな特徴がそれぞれあるということ



たまにこの得意とする帯域が自分の好みでなかった場合


別の製品に替えることで変化が起きるため

それが音質向上と感じる人がいます



まあ、自分の求めている傾向に出会えたのなら

実質音質が上がったといってもいいかもしれません



 

2.高価なシールドになると解像度が増す



高価なシールドになると

音の癖が抜けていき、解像度が上がる傾向があります



一言でいうならば



その楽器のポテンシャルを極力損なわずに

再現させる能力が上がる



と言えますね!



ここで注意したいのは


音質の向上=解像度のアップ であるため



そこそこのお値段の楽器じゃないと

そこまで本領を発揮できない



という側面も持っているからなのです!



エレキギターというのは、相乗効果で音質が上がるので



本当の意味で機材の実力が発揮されるのは

他の機材も同一にレベルが上がってから


というお財布にやさしくない事情があるのです・・・😭



 

個人的に良かったシールド



こちら! ”迅雷”と言う名のシールド!



攻撃的な名前とは裏腹に

非常に滑らかで落ち着いたトーンが特徴的



他にもCAJの上位グレードのシールドも所有していますが

そちらは高音にかなり癖がある印象でしたが


この”迅雷”は極力フラットな音になっていて

その楽器の特徴をそのまま引き出したような音になります



そこそこお高めのギターに使うと

その楽器のおいしい成分をしつかりと引き出してくれますよ!



 

とは言った物の



お高めのギター


お高めのシールド



色々と揃えていると予算がかなりかかる



なので、取りあえずお高めのシールドは

後回しにしてしまってよい要素に感じます😅



勿論安めのギターにお高めのシールドを使っても

音質を上げることは出来るのですが


それならその予算をギターの購入に回した方が

良いのでは?と感じます



逆に予算に余裕がある方は

試してみてもいいかもしれませんよ!






閲覧数:2回