【ギター初心者】ギターのカポの使い方

更新日:3月22日



どうも! 霧切酢です!!



今回は ギター初心者 弾き語りに興味がある人にむけた



ギターのカポの正しい使い方!



ギターライフをもっと楽しくするため

しっかりと押さえておきましょー!😉👍


#ギターカポ

#カポの使い方

 

ギターのカポとは



ギターのフレットを勝手に押さえてくれる



洗濯ばさみみたいなやつ!(笑




丁度トップ画像に使ったイケメンのお兄さんが

ギターに着けてるやつですね




こいつをつけてあげることで


お手軽にキーを変更することが出来ます



カラオケでキー変更をするみたいなことを

ギターでやってるという感覚ですね!



コイツを使いこなすことが出来れば・・・


  • 男性キーの曲 を 女性キーに

  • 女性キーの曲 を 男性キーに



変更して演奏、弾き語りが簡単になったりしますよ!


 

カポの使い方!




ギターのフレットに


カポをカポっとはめればOK!



すみません(笑 ちゃんと説明します!



ギターのカポをつける時は



カポで押さえたところを開放弦として考えて

通常のコードフォームで弾けるようにする



というのが基本です



 


例を挙げてみましょう!



例えば


D Bm G A


というコード進行があったとします



すると



まずはカポを 2フレットに装着!





で、後は先ほど説明した通り


カポを付けたところを開放弦の音として扱うため



このまま C Am F G



というコード進行を演奏すれば

自動的に


D Bm G A



のコードを弾いたことになります!



とっても簡単ですね!



こんな感じでカポをつけて

通常のオープンコードを弾けるところにカポをつけていきます



キーで言うと


・Cメジャー


・Gメジャー



のコードフォームになるようにしましょう!


 

カポを使うときの注意点



注意と言っても とっても簡単!



  1. カポのつけ方、つける位置

  2. チューニング



この2点!



まずカポを付ける時は

あまりフレットきわきわにならないようにしましょう!




例でいうとこんな感じです!



勿論こういったつけ方でも問題はないのですが


ローポジションのコードを弾くときに

カポが邪魔になったりして弾きにくかったりします!




場合によっては手がカポにぶつかって

カポがズレてしまうことも!



もう一つ


カポを付けたとしても

上手く弦を押さえられていない時があります


一度開放弦を鳴らして

しっかりカポが弦を押さえているかチェック!


 

そして大事なのはコレ!



カポを付けた後もチューニング!



カポをつけても

微妙にピッチがズレていることがあります



正確なピッチを保つため


必ずカポをつけた後もチューニングしてください!



これらを気を付ければもう大丈夫です!


 

おすすめのカポ




どれを使ってもそこまで大きな違いはありませんが


私がおすすめするのはコレ!



G7TH というメーカーのカポ!



使いやすく、あまりピッチがズレにくいということで

評判のメーカーです!



これは少々お高めの製品ですが

お安めのタイプのあります





http://www.rokkomann.co.jp/g7th/g7lineup/g7lineup.html




というか


私自身が昔作曲家活動する前に

プロの方に勧められたやつなので😅



信頼度は高いと思います!


 

まとめ


・カポを使えば弾き語りが有利に!

・自分にあったキーで演奏できる!

・キー C Gのコードフォームになるようにつける!


勿論カポを使わずとも

どんなキーでもコードを弾くこと自体は可能です!


しかし!



開放弦を利用した演奏をすると

ギター特有のサウンドを出すことが出来ます!



なにより演奏が簡単になりますからね!😎



上手く利用して

もっとギターライフを楽しみましょう!!😉👍





閲覧数:2回