【ギター】コードの押さえ方、何種類知ってる?~ジャズの話も~




コードの押さえ方



あなたは何種類知っているか!



ロックや普通のポップスではそこまで意識しませんが



普段あまり使わないだけで

ギターのコードフォームは意外と多い



ギターはコードの押さえ方によって

かなり手の形が変わってきますので


場合によっては難易度も変動します!



 


沢山コードフォームが必要なジャンル



JAZZ!!



ジャズギターにおいて


「コードの押さえ方1つしか知りません!」

なんて言おうものなら叩き出されます(笑



特にジャズギターにおいては


1弦から6弦まで

ジャラ~ンと鳴らすなんてことも滅多にないです



ジャズは


  • コードの転回

  • コードトーン

  • アンサンブル全体のハーモニー


などにかなり気を配る必要があるジャンルだからです



 


どのくらい知ってたらいい?




ジャズに置けるなら・・・



1~6弦それぞれをルートにした

ポジション全てのフォーム



というのが最低条件だと思います



まあ、もう少し少なくても何とかできますが

それでも4種類くらいは弾けないときついです




というわけで

実際に"Cmaj7"を例にコード指板図を作ってみました




取りあえずこれくらい弾けたら大体はOK!



鬼門になってくるのが2弦ルートのフォーム

これがかなり指的にきついです



これは押さえ方のコツを知っていないと

上手く押さえられないフォームです


所謂初見殺し



指の使い方や運指について研究するのも

ジャズギターの必須事項と言えるでしょう!



あとは m7 ドミナント7 でも同様に

1~6弦ルートで押さえられればOK



 

今回はジャズギターをテーマにコードフォームについて書きましたが


もちろんポップスなど

他のジャンルでも役立つことは多いです!



例えばギターだけオンコード気味のオブリガードで

面白い響きの転回系コードを弾いてみたり


1弦ルートのコードでカッティングしてみたり



意外とコードの種類を知っていると

出来るアレンジの幅も広がります!



興味がある人は色々と試してみましょう!!







閲覧数:1回