top of page

グルーヴを鍛えるためにディストーションを強めにかけてみよう



敢えて困難な状況へ!



  • フレーズのニュアンスを鍛えたい

  • 抑揚のない演奏を改善したい



こういったフレーズに表情が感じられない

原因の1つとして



グルーヴを上手く作って

演奏できていない



ということが挙げられます


とは言え中々グルーヴを作る力を

養うというのも難しい話


これといって鍛える方法もあまり

見かけませんしね!



そんなわけで今回は


エレキギターをやっている人向けの

グルーヴの鍛え方を少しご紹介!!



 


とにかくゲインを上げまくる!



ゲインをかなりキツ目にした状態で

色んな曲を聴いてみる!


出来るなら元々ハイゲインサウンドを使った

ハードロックやメタル以外の曲を弾くのがおすすめ



お手持ちの自宅用アンプが

そこまでハイゲインに対応していない場合は


エフェクターなどを使用して

ゲインをアップしてもOK




目的はゲインを上げまくることで

音の伸びを良くすること



この状態でクリーン~クランチで演奏されている

カッティングだとかリードを弾いてみる


で、ハイゲインの状態でも


  • フレーズが出来るだけ明瞭になるように弾く

  • クリーン~クランチに近い演奏を目指す


これを意識して弾いてみて下さい!



 

何故この練習方法が有効かと言うと


クリーン~クランチの方が

圧倒的にグルーヴは作りやすいからです





音量差が付けられやすいということも

要因の1つとして挙げられますが



音の伸びが短い方が

グルーヴは作りやすいのです



よくブルーズ系のギターが好きな人が

極端なハイゲインを好まない人が多いのですが



この不要なまでの音の伸びが邪魔で

ニュアンスをつけにくいからだと考えています



クリーン~クランチなら


音の強弱によってある程度

音の伸びを調整できますからね



また、ギターに限らず


パッド系のシンセサイザー

同様の理由でグルーヴが作りにくいです





 

そんなわけで


一旦ハイゲインサウンドにして

不要な音の伸びをカットする技術を見につける



こうすることで音の伸びに対して

結構シビアな感覚が掴めるので


普通の音にした時の演奏にも

反映させることが出来ます



グルーヴのカギは音の長さ



是非一度お試しあれ!!




Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page