top of page

ギター、左手の鍛え方〜基本編〜



最初は左手が難関



ギターを突き詰めていくと

最終的には右手の方が難しい!



とは言ったものの


最初のうちは左手の方が大変



なんと言っても利き手ではない方で

複雑な動きをするわけですから😅



で、左手を鍛える方法は色々あるのですが

全部書いてると大変なので


取り敢えず最初のうちに

気をつけておいて欲しいこと書いてみました!



 



肘の位置に気を付ける



左手をうまく使う=左腕全体をうまく使う


まずはこの認識が大切!



どうしても最初のうちは

指先あたりしか意識できませんからね


指先の自由度

実は腕全体が関係していたりします!



ということでまず確認して欲しいのは


ギターを弾いているときの肘の位置



  • ギターのネックよりも肘が上に来ている

  • 肘が体から極端に離れている



取り敢えずこんな感じになっていたら

基本的にNG



  1. 肘はギターのネックよりも下

  2. 体からあまり離れ過ぎない


この2点を意識してみましょう!



 


手の開き方



たまにネットや

それこそ数年前流行った某けいおんアニメとかでも


指を横に開いていく指の体操

みたいなのが話題に出ることがちょいちょいありましたが



ギターのフィンガリングと

ほぼ関係がありません



まあ、ウォームアップくらいには

役立つかもしれませんが...



基本的にギターのフィンガリングは

縦に指を開く力を使います



イメージ的には


グー👍⇦この形に近い感じで



斜めに近い感じで縦に開いていくと

そのままコードフォームになりますし


弦を押さえるときの指の動きになります


 

そして!



この縦の開きをキープした状態で

親指と他の指でネックを挟む要領で弦を押さえる



という感覚で弦を押さえていってください



この感覚を身につければ


極端に親指がネックから飛び出すようなフォームに

ならないはず!



これで押弦の力が安定してきますよ😉



 

まとめ



  1. 肘の位置を見直す

  2. 指の開き方を見直す



この2点を注意してみましょう!



もう少し詳しく聞きたい方は

オンラインレッスンもやっておりますので・・・(宣伝)



それでは今回はこの辺で〜!!😉👍




閲覧数:4回
bottom of page