top of page

万能タイプのギターor一点特化タイプのギター どっちを選ぶか?




ギターを選ぶ基準!!



「ギター買うぞ!!」

と意気込んでみるものの



一概にギターって一括りにできないもの



種類も色々、個体差だってあるので

何を買うべきか悩んでしまうことはよくあります


もっともめっちゃお金持ってるなら

好きなだけ買えばいいのですが😭



そんなギター選びの基準の中でも

よく選ぶ基準に挙がるのが



万能タイプを買うか

一点特化タイプを買うか




自分の演奏するジャンルが固定されているならまだしも

そうでない場合は悩みやすいですからね!


 


万能タイプというのは



分厚い音~きれいな音まで

バランスよく出すことが出来るギター



ハムバッカーとシングルコイル

両方が搭載されているようなギターですね!


他にもスイッチやセレクターの切り替えによって

ハムからシングルの音に替えられる個体も含まれます



私の所有している中なら

"Strandberg"がこれに該当します


(独特のキレのある高音が好き!)



基本的に歪みの多いロックなんかでは



リアとフロントがハムであればOK!

みたいな使用頻度


逆にシングルコイルのギターは

リアのみハムの方が良い



という需要がそれぞれあるので

2つの要望を満たしたギターというわけです!



 

逆に一点特化型のギターというのは


  • レスポール

  • ストラト

  • テレキャス



みたいな昔ながらのギターでかつ

スタンダードな作りのギター!





扱いようによってはある程度は頑張れるものの

やはり出せる音には制限があります



ギターの基礎を築いていたギター



とでも言うべきギターですね!


最近の楽曲はテクニックも進化しているので

それに対応しにくいという欠点もあります



 



ギターに何を求めるか!!



最終的には個人の好みで選べばいいのですが

個人的な選ぶ基準をちょこっとご紹介!




テクニック重視のギタースタイル

ニュアンス重視のギタースタイル



一口にギターが上手いと言っても

こんな感じに意見が分かれることが多いですが



テクニック重視 → 万能タイプのギター

ニュアンス重視 → 一点特化型ギター



個人的な意見ですが

それぞれに合うタイプのギターはこんな具合かと



理由としまして



万能タイプのギターは比較的最近の個体が多く

音だけでなく作り全体が効率重視



音色から弾きやすさまで

様々なジャンルを想定した作りが多いです



対して一点特化型のギターは

古くからあるモデルのギターが多い傾向に



そのため音だけではなく

弾きやすさも昔基準のものも多いです



実際に超絶テクを持っているギタリストは

大抵万能タイプorモダンなギターがほとんど!



まずこういった区分けをした方が

求めているギターに出会える確率は高くなりますよ!



 

もう一つの指標!






自分が”どんなタイプのギターを弾きたいかで選ぶ”

これが第一のおすすめポイントですが



現場派 か 収録派 か



これを選考の材料にしてみてもいいかと思います!!




例えば


ライブだとかステージに立つことが多いのなら

万能タイプのギターの方が便利!





生演奏では素早く音色を変えることが求められたり

余計な機材が省けた方が良い場面も多いです


  • 自分のバンドである

  • 演奏ジャンルがほぼ固定



みたいなコンセプトが無い限りは

ギター一本で多くのことが出来た方がいいです



特にサポート系だとか

カバーバンドをやるなら有利かもしれませんね



 


逆に


私のように録音がメインになるのなら

一点特化型のギターがおすすめ





「楽曲制作なら

 色んな音が出せた方がいいのでは?」


と思われるかもしれませんが



あくまで個人的な意見ですけど

そこそこ作曲やってきてこの考えに辿り着きました



勿論幅広い楽曲を作るのなら

万能タイプのギターの方が便利ですし



私自身もStrandbergの使用率は高いです



しかし


それ以上に録音では

音質の良し悪しの方が重要