top of page

最近はギターアンプが進化してるのでOver Driveペダルがおすすめ






ギタリストにとって歪みは命!



といっても過言ではないくらい

ギターの歪みは重要!!



そもそもエレキギターの音は


多かれ少なかれ

歪みがあって成立してますからね!



歪みには


  1. Over Drive

  2. FUZZ

  3. Distortion



これら3種類があり



Over Drive=自然な歪み

FUZZ=よりぶっ潰れた

Distortion=過激な歪み



みたいな印象で

上から順に進化してきました





それぞれ仕組みや音質が異なるので

どれを選ぶかもギターの醍醐味!


今でもこの3つそれぞれが進化して

新しい製品が今もリリースされています



歪みペダルは定番の”沼”とも言えますね〜


 

私も例に漏れず

この歪みの”沼”に見事にハマり


若かりし頃は沢山の歪みを買っては売ってましたw



特にこだわっていたのはDistortionペダル!






で、こんなに売り買いを繰り返していた理由として



昔はアンプだけで

キレイな歪みを作るのが難しかった



という事情があるからです





もちろんめっちゃ高いアンプ買えればOKですが

学生にそんなお金ないですからねw



練習スタジオにはいい感じの

アンプが置いてあることもありましたけど


ライヴハウスに必ず置いてあるか分からない



だったらエフェクターで音が作れないとキツイ!



みたいな感じでした(笑


クランチはともかく

ハイゲインは特に大きな課題でしたね



対して歪まない安価なアンプに

よく歪む歪みペダルは必須でした!



 


しかし!!


最近はアンプ側の事情が違う!!






高価な大型アンプを買わなくても




・ハイゲインが作れる小型アンプ













・高性能なアンシミュ













・リアルなプラグインアンプ













こういったものが登場しているので

良質な歪みが作りやすくなりました



ハイゲインも同様にな作りやすくなりました!



で、それに伴って


3つの歪みペダルの中でも

元のアンプの歪みを強化することに特化した



Over Driveの効力が特に上がってます!






大抵のOver Driveはアンプの歪みの質が良いほど

効力が増すイメージ


(FUZZもこっち寄りですけど)



良質な歪みがアンプだけで作りにくかった時代ほど

Distortionペダルに頼らなくても良くなりました



割と効果が地味目なOver Driveほど

良い仕事をしてくれるイメージ!






そんなわけで


質の良いOver Drive探しは

今後のギタリストの重要な課題かも!


ということでした!!




Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page