top of page

ギターの録音で何気に難しいこと



いつものを如何に引き出すか!






録音とは通常の演奏とは異なり



録音そのものに慣れ

上手くなる必要がある!



緊張であったり

クリックに合わせて演奏する力だったり


普通にスタジオで弾いている状態などでは

存在しない要素がとなりがちです



その中でも個人的に結構気になるのが



モニターの音量!




割とちょうど良い音量にして

録音するのが手間だったりするんですよね



 

録音する時、特にマイク録音する場合は

ヘッドホンから



  • クリック

  • 他のパートの音

  • 収録中の音



などの音量を調整して聴きながら

演奏をしていくことになります




まあそこまではいいですけど



生音がでかい楽器は

収録が結構面倒




例えばアコギとか生ででかい音が出やすい楽器は


しっかりとした音を出していると

モニターの音がかき消されてしまう



その結果自分が今どこら辺を弾いているか

わからなくなってリズムが狂ってしまう



特に手元でなっているので

余計に音が邪魔なんですよねw



 

じゃあ


「ヘッドホンからの音量を大きくすれば良いのでは?」

と思うかもしれませんが



そうすると


ヘッドホンから微妙に漏れた音が

マイクに入ってしまう



特にソロパートとか静かなパートでは

余計な音は御法度!



アコギしか鳴ってないパートとかだと



ヘッドホンの音が入らないギリギリかつ

アコギの演奏がしっかり出来る音量調整



これを意識しないといけないので

結構難しいです





ライン録音ならこういった手間はないんですけどね(笑



この面倒な関係を上手いこと

やり繰りしないといけないんですね



 

そんなわけでマイク録音をする時には



パートごとに

コマ目にモニターも調整した方が良いです




良い作品を作るためにはしょうがないとは言え

大変面倒ですねw





Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page