1ランク上の演奏に! ~どんな楽器を弾くときも打楽器の感覚を持つ!~



音楽とは リズム音程が重要!!



どうも! 霧切酢です!!



今回は楽器(歌も含めて)、音楽を扱っていくうえで

1ランク上の演奏をするためのコツ



打楽器の感覚を持つこと”



このことについて書いていきたいと思います!



ちょっとしたフレーズやオリジナル曲のクオリティを

挙げることができますよ!


#作曲のコツ

#ギターの上達方法

 

打楽器の感覚とは!?




ダイナミクス ゴーストノート 

ノートの長さ トーンによる表現




細かく見ていくともっとありますが

ザっとこういった要素が



グルーヴを作り出し、フレーズに深みを加えます”



音楽というのは譜面に書いてある音符を

そのまま演奏するのではなく




その音符に至るまでの経緯=ゴーストノート


ニュアンスや表情=ダイナミクストーン


音符への解釈=ノートの長さ




こういった譜面に書かれていない部分を加えることで

初めて音楽として成立します


音程のある楽器や歌をやっている人は

音程を気にする他の部分が疎かになりがちです




突き詰めていくと


打楽器音程のある楽器差はない



こう意識してみましょう!


 


上級者との明確な線引き





実はこの打楽器の感覚を持っているかどうかは

上級者のフレーズ初心者のフレーズ明確に分ける部分です



上級者の演奏をよく聴けば

”それ単体でも成立してしまう説得力があると気付きます




楽器初心者やボーカル初心者のフレーズを注意して聴いてみると


上級者のフレーズと比べてフレーズが独立していないように聴こえる」


と感じるはずです

特にオリジナル曲では顕著ですね



大抵の場合、それはこの打楽器としての感覚が抜けているため

全体的に”芯がない”フレーズに聴こえるためです



もし自分のフレーズに物足りなさや芯のなさを感じたら


打楽器としての感覚やリズムを鍛えてみましょー!



 

効果的な練習方法



著名な楽曲のフレーズを”1小節”でいいから

本人そっくりになるまでコピーする



これをやってみて下さい!


1曲丸々コピーすることも十分練習になりますし

楽曲の構成を理解する練習になります



しかし、楽器になれないうちは


”演奏者の細か~いニュアンスを無視しがち!”


また、勉強として演奏する曲って

必ずしも自分の好きな曲とは限らないので


さくっと終わらせたいですよね😅



著名な楽曲、フレーズのニュアンスやセンスそのものを

自分のものにする



これをこの練習方法で養ってみて下さい!



 

まとめ


・どんな楽器でも打楽器としての感覚を持つ!

・音程以外の大事な要素をしっかりと養う!

・著名な曲を”1小節”でいいから本人そっくりレベルでコピーする!


この感覚さえつかめれば

自分のフレーズが更に洗練され、一気にレベルが上がります!



この感覚さえ身に着ければ

色々なジャンルの曲に即対応した演奏ができますし


逆に楽曲のカバーをする時に

その人の癖を意識しながらアレンジすることもできます




是非、一度試してみて下さいね!

それでは~!!👍✨




閲覧数:1回