KEMPERでアコギの録音!〜アコースティックシミュがすごい!〜

更新日:3月22日



どうも!霧切酢です!


今回もKEMPER愛について語ります!



お題は


KEMPERとアコギ!



エレキギターだけでなくアコギの録音にも

かなり役立ちますのでちょっとご紹介!


おすすめのRigデータもご紹介しますので

是非KEMPERを持っている方はお試しあれ!


それでは早速みていきましょー!


#KEMPER

#アコースティックシミュレーター

 

アコギの録音のおさらい



まずはアコギの録音の仕方のおさらいから!



大きく分けて録音の仕方は



・マイクを使った録音


・ライン録音



この2種類になります



 

・マイク録音



マイク録音はその名の通りマイクで演奏を録音すること



しかし、これが意外と大変!



まずそこそこ質の良いマイクを用意することに始まり



・マイキング


・防音


・ルームノイズ対策



などなど、やらなければならないことが結構あって


正直面倒くさいです!😅



また、人によっては気にならないかもしれなくて

個人的な意見なのですが・・・



目の前のマイクを気にしながら演奏するのって

すっごく嫌なんです😆🔅



ストロークした腕がマイクにぶつからないかだとか


弾いている位置からずれないかだとか



こういうことが気になって演奏に集中しにくいんです😭


しかも一人で自宅で録音となると

同じマイキングを維持しながら


録音操作と演奏を両立させるのが結構しんどい・・・



録音した音に均一性を保ちながら録音することは

意外とコツが必要だったりもします



 

・ライン録音



これは所謂エレアコなどのアンプやミキサーに

ケーブルで接続して音が出せるアコギのみの録音方法です



エレキギターと一緒でDIなどを通して

ピックアップで拾った音をそのまま録音!



そのため、先ほど書いたマイク録音の際の

煩わしさからは解放されます!!



演奏に集中して録音作業ができるので

余計なストレスがありません



・・・と、ここまでは良いことばっかりなのですが


気になるのはやはり音質!



ハッキリ言ってそのままDI、インターフェイスに突っ込むと


カッチカチの音でとても聴けたものではありません🥶



私も以前までは仮の音源以外では使用しませんでした



 


KEMPERの"Acoustic"Rigを使う!



そこで私が最近とてもお世話になっているのが



ライン録音+KEMPER!



ギターアンプとしての役割が主なKEMPERですが

なんとアコギの録音でも大活躍!



使い方は



  1. エレアコをKEMPERに接続

  2. Acoustic系のRigを選ぶ



これだけ!


たったこれだけで、かなりリアルな音になります!



 

実際にライン録音+KEMPERで録音した音を

聴いてみましょー!



・"Acoustic" Rig


いかがでしょうか?



やや中音域が膨れ上がってしまう印象ですが


通常のライン録音と比較すると

十分すぎる音質ではないかと思います!




次に、実際に私がマイクで録音した音を聴いてみましょー!



・マイク録音




流石に本物のマイク録音した音と比べると



  • ボディの鳴り、質感

  • 音の奥行

  • 音のきめ細かさ



などは見劣りしてしまいますね😅



録音で使用したマイク


しかし楽曲によっては、敢えてKEMPERで作った音の方が良い

そんな場合もあります



私も最近まではマイク録音派でしたが

状況に合わせてライン録音と使い分けています




 


おすすめのアコースティックRig



・Acoustic


似た名前のRigがありますが


「2015-09-04」「Dirk Edelhoff」氏により

制作されたRig


しっかりとした中音域が特徴で

デモ音源にも使用しました



 

・Acoustic 12Str.



先程のRigと同様「Dirk Edelhoff」氏により制作されたRig


名前の通り12弦ギター用に用意されたRigですが

通常のアコギでも問題なく使用できます



音の傾向としてはほぼ同じですが

個人的にはこちらの響きの方が好きです












主にこれらを使っていれば大体まとまる印象です!



2020年あたりにも登録されたRigがあるのですが

やや高音域が強く、扱いが難しいです



逆に高音の煌びやかさはこの2つよりも優れているので

気になる方は試してみてもいいかもしれません



 

さて、いかがだったでしょうか?


以外にもアコギの録音で苦労しているギタリストも多いのではないでしょうか?



私もエレキにアコースティックシミュを挿してみたり

エレアコの音を後からミックスで調整しようとしたりしましたが


KEMPERを使うのが一番いいという結論になりました🤣🤣


是非、KEMPERを持っている方はお試しあれー!!