KEMPERにおすすめのオーディオインターフェイスの選び方



KEMPERを存分に楽しむなら

オーディオインターフェイスもしっかり選ぼう!



今回は以前の捕捉記事になります!


せっかくKEMPERを使うなら

相性のいいオーディオインターフェイスを使いましょう!💪


#KEMPER


 

まず前提として!



KEMPER自体にはオーディオインターフェイスの機能がないので

別途オーディオインターフェイスが必要



AXEシリーズや一部のマルチエフェクター

オーディオインターフェイスの機能も備わっているので



ここが大きな違いだったりします!


正にデジタルで作られたアンプというわけですね



KEMPERで録音する場合は


  1. KEMPERで作った音をキャビで鳴らし、マイクで録音

  2. KEMPERから直接インターフェイスへライン録音



このどちらかになります



多くの方は自宅でライン録音することになると思いますので

ライン録音に重点を置いてみましょう!


 

ライン接続できる数に注目!



ギターのライン接続が3つできるもの

最低でも2つあるものがお勧めです!!



というのも


KEMPERで作った音はステレオで出力

同時にDry音を収録するために更に1チャンネル



合計3チャンネルあると

真価を発揮できるからです!




私のインターフェイス&接続の仕方




KEMPERのRigデータは


特に空間系やモジュレーション系を加えて

ステレオで聴いてよく聴こえるように作られているRigも多いからです



もちろん後からDAWの方でエフェクトをかけてもいいのですが


KEMPER内蔵のエフェクトを使った方が

いい音になる場合もあります



KEMPERの音のステレオかDry音のどちらかを使わない

もしくはDry音しか使わない



という方は2チャンネルでもなんとかなりますね!



流石に1チャンネルしかないと厳しいので

1チャンネルしかないやつは止めておきましょう!






サブ機で使っているEVO4
入力が2チャンネルまでしか使用できない

 

まとめ


KEMPERのライン録音を最大限生かすなら3チャンネル必要

・1チャンネルしかない、ギター用の接続先が1つしかないものは
 あまりお勧めできない


以上、KEMPERと相性のいいオーディオインターフェイスの選び方!


でした!



勿論自分の好きなようにKEMPERを使うのが一番ですが

選択肢が多いに越したことはありません



無理のない範囲で

自分に合った物を購入しましょう!!😆✨