top of page

【Kemper】と 【Dream '65 Reverb Amp】どちらの方が良かったか?

更新日:2023年6月21日



終わらない音への追求!



Kemperが世に出てから

既に10年以上が経過しました!



その間、日々新しい機材が登場し



よりお手頃サイズ&お手頃価格で

質の良いモデリング機材が出てきました



そんな今後のギター機材の期待

背負っているといっても過言ではない



Universal Audio製の

"Dream '65 Reverb Amp"





このペダル式モデリングアンプはシリーズ化しており

他にも音の違った製品がありますが



今の所これが一番評価が高いですね!



 

で、私自身Kemperの音でも十分満足していますが


後学のために思い切って買って

実際に少し弾いてみました





その上で



Kemperと比較して

音質、コスパ的にどうか?



ということについて

自分の意見を書いてみたいと思います!



 



作るジャンルが固定ならこっち



ブルース色の強いジャンルや

フェンダー系の音がピンポイントで欲しい


という人は



圧倒的にコスパも音質も

Dream '65 Reverb Ampの方がおすすめ



Kemperでもフェンダーアンプの音は出せますが



やはりマイキングの影響が強いため

これぞ「フェンダーアンプ!」



って音を探すのが案外難しいです



また、より自分好みの音に寄せたいなら

少々細かく調整する必要が出てくる可能性もあります



手っ取り早い方法なら有料Rigを買えばOKですが


本体が20万円越えに加えて更に費用がかかるので

明らかにDream '65の方が安くつきます



音作りもそんなに迷わなかったので

手っ取り早く欲しい音に出会えました



 

また



意外とKemperって何も補助がないと

結構シャバシャバした音になりがち




そういった弱点を補うために


バッファーや電源ケーブルを替えたりなど

ある程度環境を整えた方が良いことが多いです





勿論バッファーを使用した方が良いのは

Dream '65も同様ですけどね!



工夫次第ではDream '65も更なる音質向上が見込めるので


この手の音をメインに使いたい!

という方は絶対におすすめです



 


それでもKemperを使う理由



費用はかかるものの


  • 拡張性がある

  • ハイゲインサウンドも出せる

  • 愛着がる



などなど理由はありますが



やっぱり録音を中心に考えると

Kemperの方に軍杯が上がるなと



意外とKemperってアタック感だとか

原音を混ぜれたりとか


初見では気付きにくい音作り機能が

結構多く備わってますし



やっぱり録音するなら

マイクの質感も欲しいんですよね



やはりDream '65は良くも悪くも

マイクの質感が感じられないので



少し硬いというか

耳に近すぎる印象があります



どちらかと言えば

スピーカーで鳴らすことが前提なのでしょうか!




ギター単体で評価するのではなく

全体のバランスを考えて音作りする



ということに関しては

録音の方が求められることが多いですからね



Dream '65は宅録に使う場合は

Kemperと比較すればの話ですが


多様なジャンルで使うなら

少々制限があったり工夫が必要である可能性があります



 


勿論後付けでIRデータをつけることが

双方ともできるので


ある程度Dream '65もマイクの質感については

カバーできるのですが・・・



生粋のギタリスト


生アンプ派の人は Dream '65

エンジニア視点も持ってる人は Kemper



というのが個人的な見解!でした!!



私は結局Kemperに戻るかもです(笑








Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page