top of page

Marshall MG15R買ってみたけどめちゃくちゃ良いぞ!!






小型Marshallの力!!



ロックギターの代名詞的アンプ



Marshall!!



数あるギターアンプメーカーの中でも

名のあるバンドで登場しているこのアンプ


ハイゲイン系、大型アンプの元祖的存在







何だかんだロックの王道的な音は

やっぱりMarshall!!



というイメージがまだあるくらいです



で、Marshallからは

数多くのアンプが作られていて



大型スタックアンプは勿論

コンボアンプ

自宅用アンプ



に至るまで網羅していて

昔から自宅用アンプもあったんですけど



2018年から販売されている

MGシリーズが凄い!!



技術の進歩もあって

小型、トランジスタアンプでありながら



  • しっかりMarshall系の音

  • 歪みの質も良い感じ

  • 音の厚みもしっかりしてる



という

かなり優秀なアンプとなっています



私も1つは自宅用にMarshallが欲しいと思い

試しにMG15R(リバーブ搭載型)を購入




↑コレ


見慣れたカッコ良いロゴと

ゴールド塗装!!





パッケージではお手軽感が漂ってますけど

実物は重厚で高級感があります!!





15wながら重量はそこそこあり

そこら辺が音の厚みに関係している気がします



チャンネルは

「Clean , Gain」の2種類のみですが


Gainの量を調整することで歪みのタイプを



クランチ〜ハイゲインまで網羅

(Chug系もいけます)



大型のMarshallと比べるとつまみが少ない分

操作も簡単で使いやすいです



トランジスタアンプなので

チューブアンプ特有の温かみや奥行きはありませんが


十分使える音ですし、ちょっとしたステージなら

これでいけそうな気がします



ちなみに私のYouTubeチャンネルで

スマホ録音したものをショート動画で出してます







そもそも


ハイゲイン=チューブアンプ


みたいなイメージがありますが



伝説的ロックバンド"PANTERA"では

トランジスタアンプを使用されています




ギタリストのダレル曰く


「トランジスタアンプの方が

 音の立ち上がりが早く感じる」



とのこと



確かにチューブアンプって

常に歪みとコンプがかかった感じで


ちょっとした音への反応は良いのですが

立ち上がりに関しては少し遅い印象です



そんなわけでMG15Rは


単純に上質なトランジスタアンプ



と考えてみても良いかもしれません



これで17,800円(2024/1/12時点)と

2万円を切るのだから凄まじい!!



正直コスパ良すぎです・・・



YAMAHA THR5から鞍替えして正解でしたw



以前まで使用していたYAMAHA THR5も良いアンプですが

コンセプト的には真逆な印象です





THR5はとにかく多機能で


  1. オーディオインターフェイス

  2. アンシミュ

  3. 複数のエフェクト

  4. 持ち運びしやすい形

  5. 電池駆動可能


といった何でもござれなアンプ

その代償として音質を犠牲にしています



取り敢えずこれ1つあれば

ギター活動のほとんどをカバーできる代物




対してMG15は


単純にアンプの性能を王道的に

きっちりと突き詰めた代物



どちらにも長所がありますが


ある程度宅録環境が揃ってきたら

MGシリーズの方がおすすめかもです!



また暇があればテスト録音します!!




コメント


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page