top of page

藤岡幹大さんの右手の向き、置き方に注目したことある?






手の向きも重要です!



 


実は手の置き方1つとっても

ピッキングのやりやすさが変わってくる!



と言うことはご存知でしょうか!



何度か配信とかでも言ってるんですけど

大きく分けて手の置き方は2つ



・手のひらがギターのボディに覆い被さるような

 手の置き方と


・手刀をブリッジ付近につけて

 横倒し気味に手を置く方法




一応どちらでもギターは弾けるのですけど

ピッキングの軌道と大きく関係してきます



 


サークルピッキングするなら

横倒しの置き方一択なんですよね






仕組みを詳しく解説しますと



サークルピッキングは基本

平行ピッキングなので


横倒しにした方が綺麗に弦が弾ける




また



個人的には摘むようにピックを持つので


適度に弦と手の距離が開くので

ピックが引っかかりにくくなる感じもします



藤岡幹大さんやSlipknoTのミックも

速弾きする時をよ〜くみてみると


同様に手を横倒し気味に弾いてるんですよね!


(幹大さんはアーミング以外基本横倒しっぽいです)







自分もこの二人を真似たというか



弾きやすい形を模索しているうちに

こうなったって感じです(笑



手を横倒しにして


指の屈伸で弦のトップの部分を

狙って弾く!



みたいな感覚でしょうか






エルボーピッキング主体の方は

手のひらがギターに覆い被さるタイプが多いので


これで慣れている人はここも矯正した方が

この奏法がやりやすくなるかもです!




是非お試しあれ〜!!

Comentários


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page