評価の高い機材を買うことは色んな意味で投資



より良い音を求めて!!



音楽家の”音”への探求は止まりません・・・


毎度毎度、その時のベストな機材を揃えますが


「もっとこうなったらな~」

という願望が常に頭にあるもの!



そうなっていくと

どんどん機材買い足していくことになるんです



今回の記事は



そん なミュージシャンの

言い訳みたいな記事です(笑



 



ハード機は売れる!!



折角使うために買ったのに

売る前提でいるのはいかがなものか、て感じですが...



ハードの機材は売りやすく

場合によっては値段が吊り上がっていることも!



ソフト音源やプラグインは難しいですが

ハード機にはちょっとしたロマンがありますよね



まあ、ちょっとしたみたいなもんです🤣



特に生産完了品だったなら

一気に値段が上がることもあったりなかったり...



 


例えば私が所有しているこの

SONYのハンディレコーダー!


購入時は約18,000円くらいで購入したのですが

現在は約23,000円


昨今の物価高も関係していると思いますが

約5,000円も相場が上がっています!



もっと手に入りにくい物ならば

もしかしたらもっと相場が上がることがあるかもですね







ちなみに私が持っている中で一番レアかな?

というのがコレ!


YAMAHA HPH-MT220


生産完了品のモニターヘッドホンです


たまに中古で売られていたりしますが

今となったはそこまで出回っていないようです


とはいえ、結構安売りされてたりするみたいですが😥



 



ギタリストは中古品が大好き!



多少偏見が入っているかもしれませんが


  • ヴィンテージギター

  • ヴィンテージアンプ

  • 生産終了したエフェクトペダル



こういったロマンを感じる者が大好き!


勿論私も大好きです😍


昔はよく楽器店に行って


ガラスケースに並んだ

ボロボロの中古ペダルに目を輝かせていました



自分が憧れていた世代ど真ん中で活躍した実機

これが並んでいることに魅力を感じました



それに


年季が入って若干くたびれたような音


これもまた新品には無い魅力を放っていて

ついつい目を惹かれてしまうのです・・・



 

しかし


現在は新しい機材の勢いが凄いのも事実!!



少し前と違って革新的なギターや機材が本当に多いです


最新の機材のクオリティの上昇につれて

相対的にヴィンテージ品の価値が下がってきた気もしますが



おそらく将来的にまた逆転するのかなと



今はドンドン目新しく、キレイな音が好まれていますが



結局な所アナログな側面をもつ機材の価値観は

元の位置にあると思っています



 

ということで



自分の音楽活動以上に


資産的な意味も込めて

機材にドンドン投資しよう!!



という記事でした🤣🤣🤣



私もどちらかと言えば効率重視で

デジタル機器肯定派ですが


昨今になってハード機、アナログ機の

可能性について考えていますので...



今後また何か買うかも?




閲覧数:5回