【音楽業界】新技術は仕事を奪い、仕事を作る



音楽業界は変化が激しい



先日AIイラストについての感想記事を書きましたが

その補足のような記事!


新しい技術が既存の職を奪うというテーマだったのですが


その反面

新しい仕事が生まれることも事実!



ということを

音楽業界を例にして考えてみました


「実はCDが売れない!」

みたいなのは氷山の一角



一見辛いことばかりに見えますが

意外と悪いことばかりでもないかもですよ!



というわけで

AIの登場で落ち込んでいる方は読んで見て下さい😋



 


音楽業界の予算は減っていっている



音楽、楽曲制作に関する予算は

年々どんどん減っていっています



というのも、元々楽曲制作なんかは


関わる人も多いので

その分経費も相応にかかっていたからなんです



それが今となってはそこまで


  • 設備費

  • 人件費


と言ったお金をかけず楽曲が作れることもあり

かな〜りお安く依頼を出すことができます



 

昔はこんくらいお金がかかってた!




例えば、あなたが自分のコンテンツで


「オーケストラ調のBGMが欲しい!」

となったとしましょう




今では打ち込みを使用するため

数万円、もしくは1万円以下で依頼を出すことも可能ですね



しかし、打ち込みでオーケストラが作れない場合は

全て生演奏&生録音が必要!



そうなった場合大体いくらくらい予算が必要か

あまり知られていないのではないでしょうか?😵‍💫


制作する曲の内容によって左右されますが



数百万円は普通にかかります



場合によっては一千万近くかかることも!



 

「いやいや!そんなかからないでしょ!」

と思われるかもしれませんが


ちょっと大雑把に計算してみましょう



オーケストラの編成が約80人くらい

(曲によって増えたりします)


で、大体一人当たり報酬を2、3万円支払うとすると

これだけで200万超えたりします



演奏の人件費のみでこんだけします😅


曲の内容や、依頼するグループによっては

もっと報酬が必要かもしれません



さらにここから

作曲・編曲の料金がかかってきます


相場はわかりませんが

めっちゃ低く見積もって20万くらいとしましょう



さらにさらに!


  • 収録するスタジオ代

  • 録音スタッフの人件費

  • 録音したデータのミキシング代



と言った料金がかかってきます


 


ちなみに、オーケストラの収録に使用されるスタジオは

よくバンドが安価で借りれるスタジオとは違い



大人数が収容できる特別なスタジオのため

その分料金も高額です


まあ、3~4時間使用しても

数万円、もしかしたらもっとかかったりします



当然人数が多い分ミキシング代も...



当然CDにしてプレスするならまた数万円かかってきます



ね?普通に数百万はかかるんです😭




それを考えると


予算が1/100以下で曲の制作依頼を出すこともできる

というのが今の現状です



 

バンドサウンドBGMは?




目指すクオリティ次第



それならば、普通のバンドサウンドのBGMなら

予算はどのくらいだったのか?



これも楽曲の内容にもよりますが


特にバンドは予算に合わせて質が決まるので

割と振り幅は広め


ぶっちゃけ録音スタジオの予算とかで

音質はかなり決まるところはあります



めっちゃお金をケチりまくれば

10~20万円くらいでも作れるのではないでしょうか?


その代わり、クオリティ的には

昨今のフリーBGM以下になる可能性もありますが...



それでも今の基準ならお高いですね



数十万円払っても

そんないいものができないなら


「なんだかな〜」

という気がしなくもないですね



 

余談ですが


実力のあるスタジオミュージシャンなら


その場で譜面を渡されて

ほぼそのまま録音を開始します



その点で言えば、リハーサル代なども

大してかからないからお得と言えますね


まあ、数万円で引き受けてくれればの話ですが🥹



しかしながら、ここら辺の相場も

変わってきた気がします



家である程度の音源が作れてしまう


日本以外だと特に

バンドサウンドがそこまで求められていない



こう言った事情が

現場系のミュージシャンが割りを食ってる気がしますね



 

人件費の低下と需要





不況は波及する



このように、プレイヤーだったミュージシャンは

結構な数の仕事を奪われることとなりました



結果として録音スタジオの需要は低下

廃業するところも増えてきています


しかも、最近はEDMなどの

打ち込み主体の音楽も人気



プレイヤー志向だった音楽家も

何かと兼業しなければいけない時代に...



まさに、今AIに仕事を奪われようとしている人は

このプレイヤーに近い存在かもしれません



 

音楽業界はどうなった?




新しい価値観の誕生




ようやくここからが本題!



音楽業界の財政はこのように技術の進歩で


  • 予算は減るは

  • 人の仕事は減るは

  • CDは売れなくなるは



ボッコボコにされてきました



しかし!


その度に新たなビジネスが

生まれてきています



 

安価にはなりましたが

その分需要はグ〜ンと伸びています


  • 自分だけのBGMが欲しい

  • 自分だけの持ち歌が欲しい



こんな人は少なくありません


こういったニーズに応えれるようになったおかげで


YouTubeのような個人が発信できるコンテンツが

大きく発展したのだと思います



音楽メインのコンテンツは弱くなりましたが


サポートの立場の音楽は

昔よりも盛り上がっています



私含めて、こう言った新しいステージで

音楽の仕事ができるのは嬉しいことです



 


CDで楽曲が売れなくなっても



ダウンロード販売

ストリーミングサービス



というように、世の中のニーズに沿って

ビジネス方法を開拓してきました



勿論CDショップやCDレンタル業界は大ダメージですが

このように業界は移ろいでいます



 

とまあ、私が知っている範囲でも

かなりの変化が音楽業界にあったことがわかったかと思います



体感的には


SNSを通じた音楽の使用が激化しているため

より音楽の消費速度は上がっていると感じています



しかし、今までも

流行り廃りを繰り返してきて


その度に新たな価値観が生まれて

新しいアプローチが生まれています



イラスト業界も、今まで通りの価値観は難しくても

新たな道が開かれるのでは?


と、考えています!!😎👍




閲覧数:5回