top of page

ミュージシャン肩こり過ぎ問題



音楽は意外と肩がこる



特に在宅で作曲なんかしてると

これで方が凝らない方が不思議なくらい肩が凝ります


元々ミュージシャンって

不健康そうな印象ありましたけどねw



私も作曲を始めてから肩こりが酷くなっているのを実感してます



音楽と長く付き合っていくなら

健康にも気を付けたいところ!



肩こりと言っても侮れませんからね



そんなわけで今回は


ミュージシャンが切っても切れない

肩こりについて考えてみました!



 


肩こりの原因がわんさか!



詳しい肩こりの原因については専門家の方に任せるとして


  • 無理な姿勢をしている

  • 同じ姿勢を長時間継続している



こういったことが肩こりの原因となるようです!



よく例に挙げられるのが”デスクワーク”

つまりパソコン作業


腕を前に伸ばした状態を

長時間維持しているのが良くないようですね



私のようにPCを使って楽曲制作するのは

当たり前になりつつありますが


基本的に作曲とかミキシングとか

結構な時間がかかる作業



普通に数時間とか当たり前のようにかかります



まずはこれが肩こりの要因 その①



 



首、肩への負担



モニター系ヘッドホンは

大抵そこそこ重たい



どこぞのカチッカチな音がする

例のヘッドホンは比較的軽量ですけどね



市販のリスニング用とかは

比較的軽量の物が多いんですけど


モニター用のヘッドホンって割と重量ある個体が多いので

長時間つけてると結構首が疲れてきます



で、首が疲れてくるとそれに釣られて

肩にも負担がかかり、肩こりになる



私が首の負担を感じやすい方なのも

関係してるかもしれませんけど!




あまり大きな音が出せない環境や時間帯

ノイズチェックとかはヘッドホンを使うことが多いので



PC作業と併用して負担が倍増




一応イヤホンタイプに変更すれば問題は解消されますが


なんだかんだ言ってヘッドホンの方が音が良いので

ヘッドホンを使わざるを得ないケースも少なくありません



肩こりの要因 その②



 


演奏だけでも肩は凝る



大抵の楽器演奏は肩こりに繋がります



もちろん全く関係ない楽器もあるんでしょうけどね!




私の場合ギター、ベースを演奏していますが


基本的にギターとベースは座った状態だと

猫背気味に構えたりするので


悪い姿勢を維持したまま演奏してます



これがなかなか体に負担かかる!



楽曲制作の時に録音もするので

先に紹介した要素にプラスしてこの負担がやってきます



また、立って演奏する場合でも

楽器を吊るすので主に左肩に負担がかかります



管楽器系も体に吊るして演奏するので

同様に方に負担がかかりますね!


肩こりの要因 その③

 

そんなわけなので


曲を作ってたりミックスをずっと続けているうちに

気晴らし感覚でギターとか弾くのですが



気分は晴れても

結局は肩こりの原因を増やしていることに...



振り返ってみると私の生活のほとんど

肩こりに繋がっているということに気が付きました



健康を考えることも

ミュージシャンの仕事の1つか😅



本当のことを言えば小まめに休憩をはさんで

ストレッチとかやった方がいいんですよね



PC作業やギター演奏が猫背になりやすいので


定期的に肩を回したり

肩を後ろの方に伸ばしたりするのは大事



疲れがたまると効率悪いですからね



 

というわけで、最近自宅で楽曲を作って

発表することも普通になってきましたが



座ってできる作業だからと言って

体に負担がないとは限らない!



ということは覚えておいて損はないでしょう


楽器の演奏なんかは思っている以上に

至る所の体の筋肉を使ってますからね



体を労わりながら楽しく音楽しましょう!!






閲覧数:3回
bottom of page