top of page

RecのバッキングにFUZZを使ってみると・・・?






音源は実際の演奏とは違う



なんだかんだ編集を加えているので

そんなことは承知の上でしょうが



隠し味的なトラック(録音)も

多用されているというのは


意外と知られていないかもしれません



わかりやすいところで言えば

近年のドラム





実際に演奏して収録したデータだけでなく

厚みを出すために音を重ねたりしてます



当然ギターも同様に

例えバンドでギターが一人であろうと


色々と工夫して厚みを出してるわけなのですが



どんな音色で厚みを出すかで

結構聞こえ方が変わってくる!



というのが録音の醍醐味!



で、そんな数ある音色の中で

一度試してみて欲しいのが



FUZZ!!



メインで使うと扱いにくかったり

癖が強すぎたりと難儀な歪みペダルですが



案外音圧を出すための素材として

優秀だったりします





特にDistoriton強めのバッキングの

音圧を補う素材としては相性がいいです



  1. アタックが弱く主張しない

  2. 独特の粗い歪み


これがいい感じに

メインの歪みと混ざることで



結果的に音圧が上がったように感じます



FUZZにも種類がありますし

設定によって仕上がりは変わってきますけど



個人的にはBig Muff系がいいかも





歪み方がDistoritonに近く

独特の図太いサウンドが相性良く感じます




あとはTONEノブがついている方が

何かと調整がしやすいですね



今の所手持ちの


  • myriad FUZZ

  • Muffuletta



を使ってみましたけど

Muffulettaの方がヘヴィな仕上がりに





Fuzz Face系であるMXR Classic Fuzzは

TONEが無いのでまだ未使用






もちろんメインのDistoritonギターの歪みを上げて

より刺激的な音を作ってもいいのですが



歪みを足しすぎると

音の輪郭がなくなってきてしまう



という問題とも向き合う必要があります!



そんなわけで



歪みの量があまり多くてくても

刺激的かつ粗い歪みであるFUZZが



素材として何かと良かったりするんですねー!



そんなわけで


Fuzzをメインで使用した楽曲を演奏しなくても

Fuzzを持っているとなんかと便利かも!



というお話でしたー!!





Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page