top of page

録音は録音で練習が必要!






普通の演奏とは違う



「曲を音源にするぞ!」



と意気込んではみたものの



実は録音作業って


練習やライヴで演奏するのとは

結構勝手が違ってたりして大変です





いつも以上にキッチリした演奏を意識するのは勿論

やってみないとわからないことも多いですよ!



 

どのようなパート、録音形式かにもよりますが


ほぼ共通しているのは

自分の音をヘッドホン(イヤホン)で聴くこと!




ギター、ベースだとヘッドホンで

音を聞くことはあるのですが


自分の音だけではなく


  • クリック

  • 他のパート(仮音源)



などが鳴っている状態で演奏するのは

あまり経験がないので戸惑いがあります




まあ、ギターとかはまだいいのですが



割とドラムとかは譜面だけで

他のガイド無しで収録!



なんてこともあったりするので

一番しんどいパートだったりします


(最近は仮録音データとか使うみたいですけど)



また、ちゃんとしたモニターで音を確認するので


いつも以上に自分のプレーの粗に気がついて

ミスが多くなってしまうこともあったりします



 

で、個人的に結構録音は経験してきたのですが



その中でも面倒なのはマイク録音する楽器


とりわけアコギのマイク録音

思いの外面倒です





他のマイク録音でもそうですが


  • 演奏以外のちょっとした音に気を付ける

  • マイキングが面倒(スタッフがいる場合は別)

  • マイクとの距離感



などに気を配る必要があります



これに加えてアコギは


座り方もずっと固定しないといけないので

演奏になかなか集中できないことが多いです



物理的にどうしても体が動いてしまうので

そういった姿勢を固定する技術も必要です



動いてしまってマイクの位置がズレると

音質が変わってしまいますからね(汗




 

そんなわけで


録音は案外通常の演奏と異なる要素が多いので

別途練習や経験を積むことが必要です



DTMを始めた人でも

割とここで苦労している方は見かけます


取り敢えず簡単でもいいので

経験を積んでおくといいですよ!!





Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page