top of page

ショートスケールのギターは回り回って色々不便かもしれない



手が小さい人に嬉しいギター!



ショートスケールのギターというのは

その名の通りネックが短いギター



通常の基準としてはストラトやテレキャス

レスポールなんかが該当します


(レスポールはミディアムスケール)



ネックはもちろんのことギター全体が小型

小柄な日本人に適したギターとも言われています



一番影響が大きいのは

やはり運指の難易度が下がること!


私も結構手が小さい方なので

普通のスケールのギターはしんどかったりします



私自身Fenderのムスタングを所有しているので

ショートスケールを持った時の衝撃はなかなかのもので



「手が大きい人ってこんな感覚なんだ!」

と驚いたものですw



こんなやつ⇩




アニメ”けいおん!”でも使用されていた楽器で

より知名度を上げたギターだと思います




 

最もムスタングは子供向けギターとして作られたようで


私のようなバリバリの日本人からすると

結構体の負担が少ない楽器



なんと言っても左手にかかる負担

大違い!



複雑なコードもそこまでキツくないですし

腕全体への負担も少ないです



 

とまあ、ここまで聞いたら

いいことだらけに見えるのですが・・・



個人的にはこれら以外の要素は

結構マイナスになるかもな〜



と感じることが多かったです(汗




特にある程度ギターが上達してから

気づくことは多かったですね!



なんと言いますか



結局のところ音質だとかピッチの面で

現行のギターが整ってるんです



もちろん今の技術を使えば

もっと質の高いギターが作れるでしょうけど!



どうしても質量が下がった分

楽器として必要な低音域が削れますし


ネックが短くなった分


  • ピッチが甘くなる

  • 弦のテンションが緩くなる

  • 音の伸びが悪くなる



こう言った要素が出てきてしまうので

演奏できるジャンルが狭まってしまってます






ギターの強みって


対応できるジャンルの幅広さだったり

音域の広さだったりするので



ショートスケールのギターは

それらの良さが霞んでしまってるように感じました



使い方次第でしょうけど

近代的な音楽には不向きかもしれませんね!



 

そんなこんなで

ショートスケールのギターを使うなら



ヘッドレスギターだとか

ボディが小型のギターの方がいいかも



ボディが小さいだけでも

結構体への負担が少なくなりますからね!



ショートスケールで慣れてしまうと

ギターとして完成されたギターが上手く弾けなくなる



なんて可能性も考えられますから

結局のところ色々と遠回りになる気がします!










Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page