top of page

ワウペダルを初めて使った時大抵困惑する説




実は結構難しい



エレキギターを始めた人なら

一度はやってみたくなる



ファンキーなワウペダル奏法!



エフェクトペダルの中でも

なかなか歴の深い部類



私自身ダイムバッグ・ダレルに憧れて

上記のワウペダルを購入し


「いざワウ使うぞ!」と

意気込んでみたものの・・・


実際に初めて使ってみると

単なる可動式のEQにしかならない!



てな感じの悲しい思い出があります(笑



「取り敢えず派手な動きしてればいいでしょ!」

くらいのノリで


テキトーにペダルをひたすら

ガチャガチャ踏んでただけだったので



今から考えれば当然のことなんですけどね(笑



案外同じような体験をした方も

いらっしゃるはず!



 

最も、仕組みとしてはEQのポイントを

ペダルの動きに合わせて変動させているので


あながち私の感想は間違いではないのですが!





ワウペダルにおいて重要なのは

ベンド(チョーキング)と一緒で



音が変わる過程を利用することが

大切ということ!



ベンドも弦を引っ張って

音程を変えるという奏法ですが


音程を変えるのなら通常のピッキングでも

レガートでも可能


あえてピッチがズレていく過程を利用することで

グルーヴ感を出しています



実はワウも一緒で


つんざく様な中音域から

こもりまくった中低音を行き来する過程



これを如何にノリよく扱えるかが

肝だったわけです




イメージとしては



弦を押さえている手でベンドする要領で

足を使ってペダルを操作する



みたいな!


(ベンドが上手く出来ない人はベンドから練習!)



ギタリストはあまり足で細かい動作をしないので

ここも難しいとされているポイントですね




そんなわけで


ギタリストで上手くワウペダルが扱えない人は

この記事を参考にしてみて下さい!!





Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page