top of page

高音側に追加するタイプの5弦ベース





必ずしも5弦=ヘヴィではない!



古くからはKORNのように

重低音を活かしたアンサンブルに使用されている


5弦ベース!



最近では比較的ポピュラーな存在となって

ポップスなどにもよく顔を出しています



単純にヘヴィな音を出すことが目的だったり


より多くの楽器が混在する楽曲で

しっかりと低音を支えるためであったり



5弦ベース=低音の拡張



というイメージを持った人が

最近は多いのではと思いますが


別に低音を拡張する以外にも

使用されるケースもある


ということを知っておくと

より音楽が面白くなりますよ!



 

まあ早い話が



高音弦 Hi-C弦 を追加して

高音域を拡張する



みたいな使い方もあったりします


ギターで言うと2弦に当たる部分ですが

それよりも半音上の音で張られることが基本


ギターの2弦より半音音が高いのは

運指をよりスムーズにするためだと思われます




で、


高音域が増えることで

メロディラインの自由度が増します



ギターとは異なるベース特有の

太くしっかりとした音色は格別!



多くの場合はフュージョンなどで

特に使用される頻度が高いかと思います




更にこれを応用して



低音も高音も拡張したのが

6弦ベース






多くの低音楽器の最低音である

LOW-Bを扱いつつ


自由度の高いメロディや和音を可能とする

高音を併せ持った存在



ここまでくると従来の


ベース=アンサンブルを支える低音



と言う固定概念すら

覆す力を秘めていると言えますね!



 

そんなわけで


ヘヴィな曲やより低い低音に興味がない人でも

5弦ベース、と言うよりも



ベース特有の高音域や可能性に

注目してみるといいですよ!




Comments


きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page