top of page

アコギは弦の太さ以外にも難しい要素がある



ギターを始めるならエレキから!



最終的には自分がやりたいようにやるのが一番!



ではあるのですが



  • ギターのフォームの基礎

  • 弦を押さえる感覚



こういったギターを弾く前の土台となる部分は

エレキギターの方が適しています


そうは言っても



「アコギの音が好き!」

「見た目が好き!」



という方にそれを諦めて

エレキギターを勧めるのは酷な話


なので


”こう言ったことに気をつけておこう!”


ということを書いてみました





 




アコギを弾く時に気をつけるべきポイント・・・



ボディの形状!!



実はこれが弦の太さ以上に

ギターを弾く上で影響が強い要素だったりします



アコギは性質上ボディが大きく厚め



また、ストラトなどのように

ボディにセルダー加工がされていないのもありますね



そのために綺麗なフォームを維持するのが難しくなります



 

ボディが大きく厚いギターを抱えると

自然にが広がりやすくなります




腕が左右に広がった状態とも言えますね



この”脇が広がる”状態は

腕の力を上手く使うこともできないため


ギターを効率よく演奏するのに

適さないフォームになってしまいます



基本的に腕、脇は

体の方から離れないのが鉄則


腕が体から遠のくほど

力が入りにくくなり動きも限られてしまします



アコギはこのフォームになりやすいので

割とそれが定着してしまう方もいらっしゃいます



対してエレキギターはボディが薄く小さいので

この現象になりにくいんですね



 

というわけで



アコギを弾く時は

脇、腕の広がりすぎに注意!!



ということでした!



 



きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page