AudioStockのマージンが高すぎる件・・・

更新日:3月22日



どうも! 霧切酢です!!



日本最大手の 音源販売サイト AudioStock!



結構便利で取りあえず音楽で収益化が可能!



なのですが・・・


ちょっと不便だなーと感じたことを

書いていきたいと思います!!


#AudioStock

#AudioStock_手数料

 

AudioStockのおさらい!




購入者側のメリット



日本でもっともシェアが広く

手に入らない音源素材がないんじゃないかってほど!



しかもAudioStockに登録されている素材は



厳しい審査を通過しなければなりません



そのため、品質には一定の保証もあり

購入する際も安心してお金が払えます



 

出品者のメリット



なんといっても知名度、サイトの規模による

収益のチャンスが広い点!


しかも近年では



・BGMの月額利用制の導入

・spotifyのプレイリストに登録、収益化

・TikTokからの収益化



などなど


単純にBGMやSEを販売するだけでなく



楽曲や素材を登録しておくだけで

配信の収益を得ることも可能!



私はずっとほったらかしで

最近はほとんど曲も追加していないですが



それでも毎月数百円は勝手に入ってきます




フリクルというサイトでも

BGMを配信サービスに登録して収益化できますが




大体は1再生につき 1円以下



はっきりいって全くといっていいほど稼げません



結構な曲数を数年間登録してますが

いまだにトータル数百円の収益しかないです




BGMや音声素材を販売できるサイトは

他にもあるのですが・・・



販売と配信の収益



この2つを両立している点は

大きなメリットです



また、楽曲や素材が審査に通れば

コピーガード付きにでも音源を自動で作ってくれます



これは何気に有難いですね



 

だがしかし・・・





メリットがあるということは

その分デメリットも大きいということ・・・



まあ直球で言いますと



マージンがクッッッソ高いです



最初のうちは売れた金額の 60% 取られます



素材を定期的に登録する、もしくは

売れた実績に応じて1%ずつ利益が上がりますが


最大で50%くらいだったと思います

(現在は違うかもしれません)



ちなみに継続的に売れない、素材をアップしないと

またマージンが元に戻っていきます



「まあこんなもんか」


と思っていたのですが・・・



さらにここから売上金を入金する際



消費税 手数料 源泉徴収が加算され

なんだかんだ10%以上は持ってかれます



実質70%は持ってかれるってことですね



つまり、よほどバンバン売れて

定期的に素材を登録しない限り



70%近いマージンを取られ続けます



さあ、まだまだこわ〜いお話は続きますよ!😭


 

配信サービス・定額販売の裏側





最初の方で


  • 配信による収益

  • 定額利用料の収益



これらがAudioStockの強みと説明しましたが・・・



要するに、大規模になり過ぎて

収益化できる人がかなり限られてきてしまった



という側面があると思うんです



実力にもよるとは思いますが



20~30点作品を登録しただけでは

ハッキリ言ってほとんど売れません



他のBGM、素材販売サイトと比較しても


  • 設定できる最低価格が高すぎる

  • アダルト作品の使用禁止



など値段が高い割に規制もあり

他のサイトで出品した方が売れます




「頑張って曲を作っても売れない」


「面倒な審査に通っても売れない」



そうなってくると自然と人は離れていくわけで




それを補うために

配信での収益や月額制での収益を実施した



と考えています

(あくまで個人的な意見です!)



要するに


高マージンを取るための撒き餌ですな😓



 

まとめ


AudioStockは販売・配信・月額料での収益化が可能

マージンがなんだかんだ70%くらいはとられる



途中で


「あ、これ無理だわ」



と感じてAudioStockを止めてしまった

私がいうのもなんですが・・・



他のサイトで販売する傍らだとか

暇な時にポツポツあげていく



そんくらいで始めてみることをお勧めします!



それではー!😉👍




閲覧数:16回