top of page

打ち込みのベースにIRデータをつけてみよう!~IR系プラグインの紹介~



打ち込みの音をブラッシュアップ!



単体で聴いてみるとリアルでも

アンサンブルに溶け込むと味気ない


打ち込みの音!



そんなあと一歩物足りない打ち込みの音を

ひと手間かけることで割といい感じになったりします



個人的には、ドラムやベースと言ったリズム関係の楽器は

敢えて打ち込みを使った方がいい場合もあると考えています



そんな時にちょっとした工夫の仕方を知っておくと便利ですよ!



 

IRデータを使ってみよう




IRデータというのは


キャビネットの響きや質感を収録したデータのこと



詳しい仕組みは分かりませんが


キャビシミュの一種ではあるものの

もっとリアルなキャビの音に出来る代物!



みたいな感じのやつです(笑




そいつを打ち込みのトラックに挿入してあげることで

生のアンプっぽい質感を加えてあげることが出来ます



ギタリスト、ベーシストなら

デジタルアンプのキャビ変更とかに使うことが多いですね



ギターもベースも


キャビの質によって音質がかなり変わってくるので

実は結構こだわった方がいい部分だったりします



 

で、そのIRデータを


プラグインを使って打ち込みのトラックに

効果を付加させてあげる



というのが今回の試み!




IRデータを付加させるプラグインは



・mixIR3


ちょっとお高めですが一番有名どころ


使い勝手、音質ともに良好

課金次第ではギター、ベース共に細かい音作りが出来る





・aIR Impulse loader



安価でお手頃なプラグインですが

どちらかと言えばギター向け


ヴィンテージっぽいサウンドが作りやすいです





私は割と課金もしたので

主にmixIR3を使用することが多いです



これらのプラグインにIRデータを挿入して

指定したトラックにエフェクトを付加することが出来ます



IRデータはギター用、ベース用と分かれているので

それぞれに合ったデータを持っておくと便利です!



 

mixIR3とaIR Impulse loaderの大きな違いとしては


mixIR3の方がマイキングなどを視覚的

細かく調整できるということ!





これはmixIR3に使用できる追加課金データなのですが

画像の通り



マイクの種類、マイクとの距離を

アンシミュ感覚で調整が可能



プレイヤー目線で音作りが出来るので

楽器経験がある人ならこちらの方が使いやすいですね




実際にプラグインで作った音と

音源そのままの音



 



実際に比較してみよう!



口で説明するよりも

実際に聴いてみた方が早い!



ということで

簡単にですがデモ音源をご用意してみました


低音~高音の成分までの成分の変化が分かるように

スラップフレーズで比較!



2通りの音を収録していますが

片方にプラグインを使用した以外は


  • エフェクト類なし

  • ベロシティ等は共通


という同じ条件の元検証を行っています



0:00~0:05 までが音源そのままの音

0:06~ がプラグインを付加させた音



プラグインを使った方が全体的に音が太くなって

若干奥行きも出てきますね!



この音の太さがあるかないかで

アンサンブルでの聴こえ方も変わってきます




また、プラグインが無い方がパッと聴いた感じ

良くも悪くも音に”雑味”がないのできれいなのですが



実際のベースの音と比べるとキレイ過ぎる

こういった点が打ち込みっぽさを感じてしまう



IRデータを加えることで

いい意味での”汚れ”みたいな要素を加えてあげる


こうした方が楽曲全体で見た時の音として

適した音になっていきます



特にギターなどは生演奏収録がほとんどなので

打ち込みとの相性を良くするためにも重要な処理です



勿論、色々と設定次第で聴こえ方を調整できるので

実際に使用する際はご自身の好みで調整してみるといいです!



 

ということでいかがだったでしょうか?



場合によっては生演奏よりも

打ち込みの方が楽曲に適している


それでいてもう少し質感に拘りたい



そんな時におすすめの手法です!



生演奏が難しいという方にもおすすめのやり方ですので

是非参考にしてみて下さいね!!




閲覧数:1回
bottom of page