秒速!!打ち込み・ベースのスラップ奏法をカッコ良くする方法!

更新日:2021年12月19日



どうも!這い上がり系作曲家の霧切酢です!!


今回は打ち込みでベースのスラップを

カッコ良くする方法をご紹介!!


今回も記事内容をまとめたzipファイルをご用意しました😉👍



BASS Slap date
.zip
Download ZIP • 35.27MB

(今回はNI KOMPLETEの音源"Studio Drummer"と”Scarbee Jay Bass"を使用)



データだけ欲しい方はお疲れ様でした!

詳しい解説が見たい方は引き続きどうぞー!!




ポイント①:ドラムをイメージしてフレーズ作り!



そもそもスラップ奏法を広めたラリー・グラハム

ベースとボーカルだけのバンドで演奏するときに


ベースでドラムのようなことができないか

考えて考案したと言われています


スラップ奏法とは


  1. 親指を低音弦に叩きつけて鳴らすサムピング

  2. 高音弦を引っ張ってフレットに叩きつけるプル


この2つの動作で打楽器のような音を出します



サムピング=バスドラム

プル=スネドラム


このようなイメージを持つことが第一歩!🥁







ポイント②:ミュートの音を効果的に使おう!!



スラップ奏法の大きな特徴は「バキバキッ」という