DTMerあるある!Black Fridayの幸せと悲しみ・・・



手の届かなかった機材の買い時!



年に一度のバーゲンセール!



amazonのセールも気になる所ですが


作曲を志す者にとっては

プラグインを買い漁る時期!



Black Friday期間中なら



普段はあまり値下げされない製品も

セールになっていることが多いので狙い目!



 


曲のクオリティ=お金



なんとも夢の無いお話ですが



なんだかんだ楽曲のクオリティは

かけられるお金に左右されることは事実!



バンドならよりよい楽器やアンプを

よりよいスタジオで収録を・・・


というように



DTMをやっていると


  • シンセ系の音源

  • 生楽器系の音源

  • ミックスに必要なエフェクト

  • 録音のためのハード機器


などなど、多岐にわたって必要なものがあります



で、このうちのどれかさえお金をかければいい!

ということもなく


最終的にはどれにも相応のお金をかけた方が

クオリティの良い楽曲は作れます



 

ハード機器に関して言えば

まだ中古とかで掘り出し物があったりして


安く買えることもあったりはします





しかもハード機器って


案外最新の機材ではなくても

結構古いやつが今でも十分通用するなんてものもザラ



使用目的が今とそこまで変わらないのが理由ですね



 


技術の進化



しかし!


プラグインやソフトの機材の場合は

技術の進歩と共に流行り廃りが速いです


日々画期的なエフェクトやミキシング技術や

シンセサイザーの音色が開発されて


  • PCがあればだれでも曲が作れる

  • 楽器が弾けなくても曲が作れる



ともなってくると

競争もそれだけ激化しています



つまり、DTMを長く続けていると



定期的に新しい機材を導入し

維新を行った方がいい



という事情があります


 

そんな背景もあるため


機材が揃っていようがいまいが

セールの時にプラグインを買い漁るというのは


ある種の付き物と言えます



だからこそ、DTM界隈では


単なる型落ち的なセールではない

Black Fridayというセールに情熱を注ぐのです!


 


買ったはいいものの・・・



そして!


結局買ったプラグインのうち



何だかんだ扱いに困って

使わなくなるものが出てくる


というオチまでがセット



これには色々理由があるとは思いますが



でも映像を見た時は

「すごい!」と感じたものの


実際に自分が使ってみると

「これじゃない」と感じることも多いのです...


 


よくよく思い返してみれば


プラグインが凄いというより

でも映像で使用されている素材そのものが良い


ということが原因であったり



・思ったよりも設定が複雑

 (しかも解説動画が大抵英語)


・PC負荷が強すぎて容易に使えない


という事情があったりもします



正直PC負荷が強すぎるのは

PCを何とかする以外方法が無いですからね🤣🤣🤣




「こういった失敗を繰り返していくことで

 より成長した作曲家に成れる・・・」



Black Fridayは


そんな大事なことまで私たちに教えてくれます🥺🥺🥺