top of page

【DTM】コンプレッサーが難しいとされる理由と解決法!!



地味!分かりにくい筆頭!!



DTMやエレキ系の楽器をやっているならば

必ず頭を悩ませる


コンプレッサー!!



直訳すると”圧縮機”


派手に音が変化するわけではないので



理解するのも 説明するのも困難



という複雑なエフェクトでありながら

ミキシングにおいてほぼ必須の代物



ギタリストなんかでは



パッと見効果はわからない

玄人向けの機材


よくわからんが実力の粗を隠すための機材



みたいなザックリとした

認識を持った人少なくないとか。。


(個人の感想です)



 


コンプレッサーが何をするのか?

おさらいになりますが



音量をある程度均一にしてくれる機材

つまり音量差を無くしてくれるエフェクトです



ここで肝心なのは


音量差は減りますが

音の強弱の質感はそのままということ



つまり 「普通に話してる状態からいきなり叫ぶ」

みたいなデータにコンプをかけると



音量差は均一化されますが

話し声も叫び声も元々の質感は残ります



結果的に



声を張り上げていない声が大きく聴こえ

声を張り上げた声が小さく聴こえる



という少し不自然な効果が得られるということ!



本来はある程度自然に聴こえるように処理しますが

敢えてこの効果を狙って使う場合もあります


遠近感を表現する手法などがまさにそれ!



 


一般的に音の強弱が激しいものに対して使用されまして



ベースならスラップ奏法なんかは

まず間違いなくミキシングで強めにかけます


ギターもカッティングフレーズにもかけられますね



そうすることでノイズの音を強調したり

弾ける音を抑制して聴きやすくします



 

コンプが難しいとされる理由






ここまでの概要はいいとして

結局難しいと感じるのは



コンプの設定が複雑すぎるってこと



多機能であり色々なことが出来るがゆえに

選択肢が多すぎてわからんと言いますか。。



  1. アタックタイム

  2. リリースタイム

  3. スレッショルド

  4. レシオ



などなど

これらは大抵のコンプについてる基本機能です



大抵はこれらの数値をいじって音の圧縮具合を調整しますが



まあ細かすぎてわからん



ザックリ言うと


  • コンプのかかり具合

  • コンプがかかるタイミング

  • コンプが終わりだすタイミング



これらえを調整するのですが

じっくり聴いてても判別がムズイ



更にはコンプの個体によって追加機能にも性能にも

使い方に個体差があり過ぎますので


新しく手に入れたはいいものの

よく使い方がわからんとなるエフェクトなんです




アナログ的な質感を与えてくれるコンプ



 

解決法






めっちゃ極端な設定にして

極端にコンプをかける


その状態からコンプのかかり具合を

薄くしていく



効果がわかりにくなら

効果が分かりやすい所から下っていく



かなり強引な使い方ですが多分これが一番有効



例えばアタック音を強調したい設定にしたいなら



メタル系のキックにありがちな

カチカチうるさい系のキックを作るように



アタック音をめっちゃ強調した設定にします




誰が聴いても音変わり過ぎでしょ!


って状態から丁度良いところまで

効果を下げていく




音の強弱が分からないレベルで

音をまっ平にしてみて


そこまらまっ平さ加減を減らしていく




こんな感じに


まずはコンプの効果を体感してから

相対的に判断すると感覚が掴みやすいです



 

結局所コンプの難しさって

ある程度耳が育っていないと



  • 効果の分かりにくさ

  • 設定の複雑さ


などがどんどん積み重なっていくって感じなのです



コンプの概要を理解した所で

扱い方の理解が追い付かない!



ってなわけで


少し強引な学び方はいかがでしょうか??






きりぎりす@る〜む

        DOGRA MAGRA

bottom of page